記憶の熟達者、ジェイス/Jace, Memory Adept

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jace, Memory Adept / 記憶の熟達者、ジェイス (3)(青)(青)
伝説のプレインズウォーカー — ジェイス(Jace)

[+1]:プレイヤー1人を対象とする。あなたはカードを1枚引く。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを自分の墓地に置く。
[0]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上から10枚のカードを自分の墓地に置く。
[-7]:望む数のプレイヤーを対象とする。それらのプレイヤーはそれぞれカードを20枚引く。

4

基本セット2012で登場した3種類目のジェイス忠誠度能力は全てドローライブラリー破壊に関連している。

+1能力
1枚ずつのドローとライブラリー破壊。
ターン忠誠度を上げながら手札を増強できるのはやはり強力。自分で墓地利用するのでない限り、ライブラリー破壊はオマケ程度。
±0能力
不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable相当のライブラリー破壊。
継続的なライブラリー破壊手段としては削るスピードが格段に速く、リミテッドなら3回、構築なら5回程度の起動ライブラリーアウトを狙える、かなりアグレッシブな能力。起動しても忠誠度が減らないため連打が可能であり、これを守れるならフィニッシャーとして扱える。
墓地を利用するデッキで、自分に対して撃つのも有効。
-7能力
20枚のドロー。
圧倒的なハンド・アドバンテージの獲得のみならず、枚数が多いので、対戦相手対象とすることで事実上のライブラリー破壊にもなる。与えた手札を利用されるリスクを考えると、相手に使うのはできるだけ勝利が確定するときにしたい。

悪くない性能なのだが、当時存在していた他のジェイスと比べて重かったため(能力が全く異なっており、デッキタイプによってどれが入るか異なるとはいえ)このカードは比較的使いにくいという評価を受けがちだった。ミラディンの傷跡ブロックイニストラード・ブロック期のスタンダードではこのカードが唯一のジェイスであったが、その前のブロックではジェイス・ベレレン/Jace Beleren、その後は思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thoughtと競合することもそれを助長する要因となっていた。さらに、基本セット2014プレインズウォーカーの唯一性ルール改定より前は、それらとの対消滅の可能性が高いのは見逃せないデメリットであった。

反面、リミテッドにおいては強力極まりないエンドカードと言える。盤面が膠着しやすいリミテッドでなら、このカードが出るまでの時間を作りやすく、また出せた場合ライブラリーが少ないという環境上、±0能力が3ターンでゲームエンドという強烈なクロックとなる。プレインズウォーカーの唯一性ルール改正で対消滅すらできなくなったため、ジェイスを守れる盤面で出せれば勝利は目前である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2012プレインズウォーカーサイクルギデオン・ジュラ/Gideon Juraソリン・マルコフ/Sorin Markov再録

基本セット2013プレインズウォーカーサイクル群れの統率者アジャニ/Ajani, Caller of the Pride闇の領域のリリアナ/Liliana of the Dark Realmsは新規カード、それ以外は再録

多色カードプレインズウォーカー、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Planeswalkerも再録されている。

基本セット2014プレインズウォーカーサイクル紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster獣の統率者、ガラク/Garruk, Caller of Beastsは新規カード、それ以外は再録

[編集] ストーリー

詳細はジェイス・ベレレン/Jace Beleren (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif