聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Geist of Saint Traft / 聖トラフトの霊 (1)(白)(青)
伝説のクリーチャー — スピリット(Spirit) クレリック(Cleric)

呪禁(このクリーチャーは、あなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。)
聖トラフトの霊が攻撃するたび、タップ状態で攻撃している、飛行を持つ白の4/4の天使(Angel)クリーチャー・トークンを1体生成する。戦闘終了時に、そのトークンを追放する。

2/2

伝説のスピリット攻撃時には一時的に天使クリーチャートークンを喚び出し、共に攻撃する。

3マナにして6点クロック、さらに本体は呪禁持ちでトークンは攻撃のたびに出し直されるため単体除去も効きづらい、非常にアグレッシブなクリーチャー。天使はともかく本体は回避能力もなくP/Tも控えめなので戦闘で討ち取られやすくはあるものの、適当なクリーチャーと相討ちした上で4点ダメージを残せれば、前のめりなデッキでは決して悪い働きではない。

呪禁とあいまってオーラ装備品との相性も良く、回避能力を付与してやれば抜群の働きを見せてくれる。スタンダードでは天使の運命/Angelic Destinyによって、自身も天使になって10点クロックを刻む光景も見られた。

参入直後からさまざまなデッキで活躍している。特に顕著なのは各種フォーマット白青クロック・パーミッションで、3マナながらもはやフィニッシャー級。スタンダードでももちろんカードパワーは折り紙つきで、人間ウィニー人間でないにも関わらずわざわざを増やしてまで採用されるほど。マナバーン2013にて、八十岡翔太に「なんで印刷されちゃったんだか全然分からない、禁止されるべき」とまで言わしめたトップレアの一角である。

青白コントロールでのアグレッシブ・サイドボーディング要員としても優秀(→青白奇跡コントロール)。

[編集] ルール

[編集] ストーリー

トラフト/Traft悪魔との戦いを専門とするアヴァシン教会/The Church of Avacyn聖職者。死後も霊/Geistとなり、天使とともに悪魔と戦い続けている。

詳細はトラフト/Traftを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif