神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jace, Wielder of Mysteries / 神秘を操る者、ジェイス (1)(青)(青)(青)
伝説のプレインズウォーカー — ジェイス(Jace)

あなたのライブラリーにカードがないときにあなたがカードを引くなら、代わりにあなたはこのゲームに勝利する。
[+1]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上からカードを2枚自分の墓地に置く。カードを1枚引く。
[-8]:カードを7枚引く。その後、あなたのライブラリーにカードがないなら、あなたはこのゲームに勝利する。

4

灯争大戦で登場したジェイス手札/墓地を肥やす能力と、ライブラリーアウト勝利置換する能力を持つ。

常在型能力
研究室の偏執狂/Laboratory Maniacのそれ。自身のドロー能力と合わせてライブラリーを引ききれば勝利が手に入る。
この能力はライブラリーが無い時のドローを勝利に置換しているので、そのドロー自体は起こらない。ルール上定義されたライブラリーアウトは基本的に発生しないので、白金の天使/Platinum Angelなどで敗北が禁止されていても勝利する。詳しくは研究室の偏執狂/Laboratory Maniac#ルールを参照。
+1能力
プレイヤー1人のライブラリーを2枚削った後、自分がカードを1枚引く。思考掃き/Thought Scourと同様の効果。
単純に手札が増えるので優秀。削りは墓地肥やしと他2つの能力のために自分を対象にするのが基本になるが、対戦相手へのライブラリー操作対策やライブラリーアウト狙いにも使える。特に同セットに収録のサイクルを一度除去した際に有効なことは覚えておきたい。
-8能力
7枚引いた後、ライブラリーが0枚なら勝利する。
勝利する効果は一見蛇足にも見えるが、忠誠度がちょうど8の時に起動したり、これにより対応してジェイスを除去されて常在型能力の影響を失ったまま引ききっても勝利できるため、安心して起動できるようになる重要な効果である。また、ライブラリーが7枚の時に7枚引いてもジェイスの常在型能力は働かないため、1枚分だけ先んじて勝利できる。
素で5ターンもかかるためやや悠長ではあるが、勝ち筋として見ても単純な7枚ドローとして見ても十分な質を備えている。

昨今では珍しい、+能力で無条件にカードアドバンテージを増やせる4マナプレインズウォーカーであり、スタンダードレベルではその1点で独自性が強い性能。色拘束がやや厳しいという難点はあるが、ドロー呪文の一種として活躍が期待できる。他方、2つの勝利条件能力はカードプールが広いフォーマットで真価を発揮しやすい。

登場直後のスタンダードでは、ターボネクサスにおける特に対コントロール向けのパーツとして採用がみられた。追加ターンでドローカードを連打する事により、これで増やした勝利条件を十分狙っていけるのも魅力のひとつ。

リミテッドでは出せれば強力だが色拘束がネック。毎ターン手札を増やせるエンドカードじみた特性は疑うべくもないので、デッキの方向に沿えば採用する価値はある。

[編集] ルール

常在型能力
-8能力

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はジェイス・ベレレン/Jace Beleren (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif