巣穴からの総出/Empty the Warrens

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Empty the Warrens / 巣穴からの総出 (3)(赤)
ソーサリー

赤の1/1のゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンを2体生成する。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。)


ストーム付きモグの警報/Mogg Alarm。今ならばストーム付きドラゴンの餌/Dragon Fodderと言った方が近い。

ドラゴンの嵐/Dragonstormのような派手さは無いが、最適化されたデッキが使えば大量のゴブリンクリーチャートークンが並ぶので侮れない。煮えたぎる歌/Seething Songなどのマナ加速軽量呪文待機呪文などの連打からこれにつなげれば、戦場はあっという間にゴブリンだらけになる。

しかしながら自身は4マナソーサリー重く、出てくるクリーチャーも貧弱な1/1と、過信できる性能ではないのは難点か。ストーム・デッキエンドカードとして考えると「解決した時点ではゴブリンが戦場に並ぶだけで、その後攻撃をしなければ勝利を得られない」という即効性のなさがネックとなる。実際、せっかくコンボを成功させてずらりと並べたのに、あっさり紅蓮地獄/Pyroclasmなどの全体除去で対処されるという状況もしばしば起こりうる。

単にゴブリンを大量に展開する手段だと割り切れば、それ相応に強力。部族シナジーの豊富なゴブリンなので、全体強化による打撃力の向上やゴブリンの戦長/Goblin Warchiefゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhackerによる速攻付与などが容易に得られるのは大きな利点であり、構築ゴブリンストームを成立させるに至った。他にもうまくハマったときの展開力だけに着目し、赤のマナ加速を多用するビートダウンに採用されるケースもあり、そのデッキ名Empty the Sloggerの由来にもなっている。

また、メインのエンドカードとしてでなく、追加手段もしくはサイドボードからの変形手段として採用するストーム・デッキもある。これらのコンボデッキは通常クリーチャーに頼らないため、軸をずらした追加の勝ち手段を用意し対戦相手の対策をすり抜けることができるからである。刈り痕ストームCharbelcherなどがその具体例。また一発で確実に致死量のストームを稼ぐことができなくても、除去さえされなければ数ターンかけて押し切って勝つことができるという点を重視して、あえてこちらをメインのエンドカードに据えるケースもある。

2013年2月6日よりPauper禁止カードに指定。同時に禁止されたぶどう弾/Grapeshotよりは対策カードがそれなりに存在するのでマシとはいえ、それでも対策カードを引けないとほぼ負けというのは問題あり、ということであろう。これにより赤系ストームデッキは消滅を余儀なくされた。

[編集] 参考

QR Code.gif