MicroProse版マジック:ザ・ギャザリング

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マジック:ザ・ギャザリング/Magic: The Gatheringは、MicroProse社から発売されたウィザーズ・オブ・ザ・コースト社公認のWindows用コンピューターゲーム。日本の販売元はメディアクエスト。英語版は1997年3月(日本では3月28日)、完全日本語版は1997年9月26日に発売された。原作および他の作品と区別するためにMicroProse版マジック:ザ・ギャザリングと表記する。各種エキスパンション(拡張セット)なども本項で詳述する。

2003年にMicroProse社が倒産したことで生産中止・出荷停止となっている。後述のエキスパンション、セットパックも同様である。

目次

[編集] 概要

MicroProse版マジック:ザ・ギャザリングでは、大きく分けてコンピューターと構築戦を行う「デュエル」(後述の『スペルズ・オブ・ジ・エンシェンツ』でシールドにも対応)と、ロールプレイングゲーム風の「シャンダラー」の2種類をプレイすることができる。

単体ではオフラインのみに対応しているが、エキスパンションの『スペルズ・オブ・ジ・エンシェンツ』(日本語版は『デュエルズ・オブ・ザ・プレーンズウォーカーズ』)で「マナリンク」による通信対戦が可能になった。通信対戦のフォーマットには「無制限(制限禁止なし、4枚制限ルールなし)」「ワイルド(制限・禁止なし、4枚制限ルールあり)」「制限(タイプ1)」「トーナメント(タイプ1.5)」「ハイランダー」がある。

ルールは第5版時点のものが採用されている。収録カードは、主に第4版と今作オリジナルのアストラルセットのカードで、アンリミテッドパワー9なども収録されている。後述のエキスパンションをすべて導入することで、アンリミテッド、アラビアンナイトアンティキティーレジェンドザ・ダークの一部のカードも使用できる。

カードプールは広いとは言えないものの、各種ビートダウンコントロール、また瞬殺コンボ無限マナのギミックも組めるようになっており、幅広い種類のデッキを使用することができる。

AIのプレイングは人間には当然及ばないものの、カードゲームとしてはかなり精度の高い方だろう。例えば魂の絆/Spirit Linkを相手のクリーチャーに付ける、黒の万力/Black Viseコントロールしているとき、局面によってはAncestral Recallを相手に撃つなどのプレイングや、再生クリーチャーが再生できない時は相打ちしないが、再生を持っていないクリーチャーは相打ちに出すなど、柔軟性が際立った動きをする。

また、なぜかある局面での100%ではなく、非常に少ない確率だが非常に単純なミスを犯すなど「人間くさい」様子も見られる。仕様かどうかは不明。 当然他にもプレイングの穴は多いし、相手の手札を読んでの行動は出来ない。

  • カードフィルターでは、現在の到達に「ウェブ」(蜘蛛の巣/Webに由来)、現在の警戒に「フリー・アクション」、現在の速攻に「クイック・ドロー」の呼称が付けられている。また、バジリスク能力の除去条件1,2は「石化」能力と呼ばれている。
  • 当時実際には日本語版が存在しないカードが、カード名ごとすべて日本語訳されている(詳しくはオンラインプラスの日本語訳を参照)。現在、このゲームでの日本語訳は非公式として扱われているが、実際に日本語版のカードが収録される際、このゲームでのカード名が充てられることが多い。

余談。シングルデュエルやガントレットモードのデュエル終了時、勝ち・負け・引き分けそれぞれの場合に、AIの様々な台詞が用意されているが、非常にユーモアのあるものや「憎まれ口」も少なくない。口の悪い例では、

  • 『コンピューターに「負けずにすんで」(強調されている)良かったね。』(引き分けの場合)
  • 『土地を引かなかったって言い訳は通用しないからね。』(プレイヤーが負けの場合)

など。

  • なお、プレイヤーが勝ったときには土地事故を言い訳にする場合がある。

[編集] シャンダラー

[編集] 概要

シャンダラー/Shandalarは、ロールプレイング風のゲームモードである。多元宇宙/Multiverseの次元の1つシャンダラー/Shandalarを舞台に、デュエルやマップの探索でカードや金を集めつつ、5人の邪悪なギルド・ロードとプレインズウォーカー/Planeswalkerアルザコン/Arzakonを倒し、シャンダラーの破滅を救う。

シャンダラーには、各の魔法をつかさどる5つのギルドがあり、各地にクリーチャーを送り込んでいる。

プレイヤーはデュエルの他、ダンジョンの攻略や、各都市からの依頼をこなすことでゲームを進めていく。 なお、バージョンや言語によって若干仕様が異なる。

[編集] システム

難易度は下から順にアプレンティス、マジシャン、ソーサラー、ウィザードの4種類。

変化する主な要素(難易度が高い場合)

  • 初期デッキ配分が悪くなる。最高難易度では(選択した色の割合は他の色よりも低くならないが)滅茶苦茶な色・土地配分であり、そのままではまともにパーマネント展開することも難しい。
  • 対戦相手ライフや特殊ルールなどが強力になる。
  • ワールド・マジックを使用した際、マナ・ストーンを消費する確率が高い。
  • フィールドで敵と遭遇した際の選択肢が減る(難易度が低い場合、「謎かけ」を解くことで戦闘を回避できる場合がある)。
  • ギルド・ロードの城に挑戦してボスを撃破しなかった場合、報復として敵が都市の攻略に送られる。

通常の構築戦とは異なり、デッキの最低枚数は40枚である。ただし、60枚に満たない場合、基本土地以外の同名カードは3枚までしか入れられないが、特定のアイテムを所持していれば通常通り4枚投入できる。

  • 40枚未満の場合は、残りの枠は無作為に選ばれた基本土地が入る。38枚で組めば、4%の確率で沼が2枚投入されるので運が良ければ沼なしデッキでも黒騎士が出せる。

制限、禁止カードは無いが、そういったカードを2枚、3枚と入手するのは難しくなっている(複数の方法で可能ではある)。

クイズ要素があり、敵と遭遇した際やダンジョン内で「謎かけ」を出される場合がある。内容はマジックのカードに関するものとなっている。

いわゆる「アイテム」(マジックのカードを除く)は大きく分けて三種類存在する。

  • マナ・ストーン
都市からの依頼の報酬などで入手できる。特定のイベントでカードなどと交換できるほか、一部のワールド・マジックを使用するために必要になる。ゲームの難易度が高いほど、ワールド・マジックを使用した際にこれを消費する確率も高い。
  • ワールド・マジック
ワールド・マジックを入手することでゲームを有利に進められる。これは都市やフィールド、デュエル開始時などに使用できる、または機能するもので、デュエルには直接関連しない。
  • 食料
フィールドを移動していると消費していき、0になると移動速度が遅くなり、クリーチャーと遭遇しやすくなる。

主人公の初期ライフは、依頼の報酬で街や都市同士の「マナ・リンク」を手に入れることによって増加する。対戦相手のライフは、敵の種類と難易度によって決められる。いずれも、何らかの特殊ルールなどで変動する場合がある。

デュエルは基本的にアンティで行われ、勝利するとアンティ含むカードを入手するか、ダンジョンのヒントを聞くかを選択できる。相手によっては、何らかのボーナスやペナルティが与えられる場合もある。

対戦相手には特殊な「能力」を持っているものが多い。例えば

  • デッキがこちらのコピーになる
  • かならず先攻になる
  • 特定のカードを初めからコントロールしている

など。デュエルに勝利した際のボーナスとして、次のデュエルで同様の状態を与えてくれる場合がある。

[編集] マップ

ゲームは広大なフィールドが舞台となる。フィールドには都市、ダンジョン、ギルド・ロードの城、遺跡が存在し、ゲーム毎にランダムで配置、出現する。

フィールド
ここに徘徊する敵キャラクターに触れると、基本的にはデュエルをするか、金貨を支払うかの選択を要求される。相手によっては異なる条件を出す場合もある。ダンジョン内や特定の敵は、デュエルを回避することはできない。
対戦相手を撃破すると、アンティ及び数枚のランダムカードを入手するか、ダンジョンなどの情報を得るかを選択する。また、さらに何らかのボーナスが与えられる場合がある。
基本的に敵キャラクターはプレイヤーを襲ってくるが、プレイヤーが強力になる(多くの相手に勝利する)と逆に逃げ惑うようになる。このときに触れると、ボーナスや情報を要求することが出来る。
都市
都市ではカードの売買、食料の購入が出来る(価格は都市ごとに異なり、基本的に大きな街ほど高い)。また特定の都市ではワールド・マジックの購入も出来る。各都市の長と話すことで依頼を受けたり、ボーナスをもらえることがある。
ときどき、敵キャラクターは都市の攻略に送り出され、一定時間以内にそれを倒さなければ、その都市はギルドに支配される(マナ・タップと呼ばれる)。支配された都市(マナ・ドーム)に潜伏する相手を倒せば都市は解放されるが、その対戦相手は特定のパーマネントを初めからコントロールするなど、ボーナスを持っている。3つの都市(「ガーディアンの指輪」があれば5つ)が支配されると、「支配の呪文」がかけられゲームオーバーとなる。
ダンジョン
各地にあるダンジョンやギルド・ロードの城に入ると、ダンジョンマップに切り替わり、ダンジョン内を捜索する。ダンジョンの構成はランダムで生成され、通路上にクリーチャーや次のデュエルで得られるボーナス、謎かけが配置されている。
ダンジョンごとに特殊なルールが存在。そこを出るまでライフは初期値に戻らず引き継がれる、特定のカードが初めから戦場に出ている、特定のカード・タイプや色のカード一切が禁止など。
  • ライフが引き継がれるダンジョンでは、デュエルに勝利しても減ったライフが回復しないわけだが、逆に増えたライフも戻らないため、初めのデュエルで勝利を先延ばしにし、可能な限り象牙の塔/Ivory Towerで回復するなどしておくと、それ以降ダンジョンを出るまで極めて有利なゲーム展開が可能になる。
ひとつのダンジョン内の対戦相手の色は基本的に統一されている。ゲームではサイドボードを使わないため、色対策カードなどはこの時に使用することが多い。
ダンジョン内にはパワー9などの強力なカードが眠っており、ギルド・ロードの城にはギルド・ロードが待ち構えている。また、ダンジョン内のデュエルでは、特定のカードが初めから戦場に出ている特殊ルールで行われる場合もある。
遺跡
フィールドに多数点在、定期的に出現し、アイテムやカードの入手、行商や盗賊に遭遇、任意のデュエルなど、様々なミニイベントが発生する。一度イベントを起こすとその場所は消滅する。
ここで入手できるアイテムには、ダンジョンと同様にパワー9などの強力なものが含まれる。

[編集] その他

[編集] エキスパンション・セットパック

[編集] スペルズ・オブ・ジ・エンシェンツ/Spells of The Ancients

初のエキスパンション(拡張セット)。単体では動作しない。英語版は1997年9月(日本では10月30日)、完全日本語版は1998年2月27日に発売された。パッケージイラストはJuzam Djinn

アンリミテッドアラビアンナイトアンティキティーの一部カードとプロモーショナル・カードが追加された。また、インターフェースやAIの改善、シールド戦やプレイヤーの姿を作る「フェイス・ビルダー」の実装なども行われた。

英語版では「マナリンク」と呼ばれるネット対戦機能が追加されたが、日本語版では追加されず、次のエキスパンションの『デュエルズ・オブ・ザ・プレーンズウォーカーズ』まで待つことになる。

[編集] デュエルズ・オブ・ザ・プレーンズウォーカーズ/Duels of the Planeswalkers

2番目のエキスパンション(拡張セット)。単体では動作しない。英語版は1998年1月(日本では4月22日)、完全日本語版は1998年8月21日に発売された。パッケージイラストは深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow

レジェンドザ・ダークの一部カードが追加された。しかし、追加カードは100枚を下回り、セットのテーマである伝説のクリーチャー多色)が実装されていないことから不評を買った。

日本語版でも通信対戦機能「マナリンク」が追加され、世界中のプレイヤーと気軽に対戦ができるようになった。日本語版と英語版の接続では、一部カード(フェルドンの杖/Feldon's Caneなど)にバグがある。

[編集] オンライン エディション

『MicroProse版マジック:ザ・ギャザリング』と『デュエルズ・オブ・ザ・プレーンズウォーカーズ』のセット。『デュエルズ・オブ・ザ・プレーンズウォーカーズ』と同時に、日本でのみ発売された。パッケージイラストは若返りの泉/Fountain of Youth

[編集] オンライン プラス

スペルズ・オブ・ジ・エンシェンツ』『デュエルズ・オブ・ザ・プレーンズウォーカーズ』があらかじめ導入されている『MicroProse版マジック:ザ・ギャザリング』の廉価版。日本でのみ発売された。パッケージイラストはセラの天使/Serra Angel

[編集] Microprose Magic the Gathering 2010

有志によって製作されたオンライン プラスの発展版で、多色カードも含め多数のカード(~アラーラの断片ブロックまで)が追加されている。 また、多くのバグが修正されている。 α版では、新規カードの多くになんらかの欠陥があり、正常にプレイできない(使おうとすると強制終了する)カードもいくつか存在する (カードの反映(効果、コストなど)が不十分なものや、問題が確認されているカードには、カード名の後ろに*マークが付いている)。

現行OSでも起動できるようになったが極めて不安定であり、環境によって一部のカードが使えない、逆にエラーが出るカードは使えるようになる、などの現象も発生する。 また、コンピューターのスペックに関係なく強制終了も多発するので、こまめにプレイデータを保存した方が良い。

  • ガントレットモードでバグが発生するカードでも、シングルデュエルでは問題なく使える場合がある。
  • シャンダラーモードは既存カードのイラストのみ変更、ランダムで変化する。
    • カード処理のバグについても多くが修正されているが、シャンダラーモードには反映されていない。

[編集] 制限・禁止カード

「制限(タイプ1)」における制限禁止カードは、1996年10月1日時点のものが適用されている。「トーナメント(タイプ1.5)」ではこれらはすべて禁止カードである。なお、オフラインのデュエルおよびシャンダラーには適用されない。

制限カード
Ancestral Recall天秤/Balance狂暴化/BerserkBlack Lotus黒の万力/Black ViseBraingeyserDemonic TutorFastbondFork象牙の塔/Ivory TowerLibrary of AlexandriaMox EmeraldMox JetMox PearlMox RubyMox Sapphire新たな芽吹き/Regrowth太陽の指輪/Sol Ring露天鉱床/Strip MineTime WalkTimetwisterWheel of Fortune
禁止カード
チャネル/Channel精神錯乱/Mind TwistTime Vault

[編集] OSの問題

Windows 2000およびWindows XP以降のWindows OSはサポート外であり、正常に動作しない。

マイクロソフト社のPCエミュレータ、「Virtual PC」が無償公開(URL)されているので、Windows 95またはWindows 98のインストールCDがあればこちらを使うとよい。

Microprose Magic the Gathering 2010 は現行のOSでも動作する。

[編集] バグ問題

カード処理に様々なバグがある。殆どはある条件下や、他のカードと組み合わせた時のみバグが発生するが、単体で正常に機能しないカードも存在する。

  • スペルズ・オブ・ジ・エンシェンツのアンティキティーを使用した限定構築戦では、通常ではありえない確率でサルディアの巨像/Colossus of Sardiaが封入されてしまう。
  • Old Man of the Seaの能力は、それのパワー未満のパワーを持つクリーチャーに対してのみ適正で、同値では不適正とされてしまう。
  • 上と関連して、Old Man of the Seaと全体強化の絡みでおかしな処理が発生する。やや複雑なので以下に例を挙げる。
    1. パワー2のOld Man of the Seaで、パワー1ののクリーチャー(空飛ぶ男/Flying Menなど)のコントロールを得る。
    2. 沈める都/Sunken Cityなど、それぞれを同時に強化するカードが戦場に出る。それぞれのP/Tが増加するが、この時は特に何も起こらない。
    3. 強化カードが戦場から離れる。それぞれのP/Tが下がるが、このときOld Man of the Seaと、その能力でコントロールしているクリーチャーについて、「一瞬、パワーが同値になった」と判断され、そのクリーチャーのコントロールを失ってしまう。
  • ミシュラの工廠/Mishra's Factoryがクリーチャー化能力を起動し、それが解決される前にタップ状態になるとクリーチャー化されない。つまり通常は自身のマナでクリーチャー化することも出来ない。
  • Forkが特定の呪文をコピーすると正常に処理されない。
    • Amnesiaをコピーするとオリジナルが打ち消される。
    • Transmute Artifactをコピーした場合、追加コストの生け贄が必要になるが、「差分のマナ」は支払う必要が無い。
  • Amnesiaの解決時に全く関係の無い文字列が表示される。
  • 孤島の聖域/Island Sanctuaryは1ターンに1枚までしかドローを置換できない。
  • Jihadによる強化に関して、特定の状況でのみバグが発生する。やや複雑なので以下に例を挙げる。
    1. Jihadで強化されている4/3(2/2)のクリーチャー(以下【A】)が攻撃し、Jihadで指定された色の2/2のクリーチャー(以下【B】)がブロックする。【A】に2点、【B】に4点の戦闘ダメージが与えられる。
    2. 致死ダメージを受けた【B】が破壊され、墓地に置かれる。このとき、【B】のコントローラーが他に同じ色のパーマネントコントロールしていなかった場合、状況誘発によってJihadが墓地に置かれる。
    3. これによって強化が無くなり、【A】に与えられていた2点のダメージが致死ダメージとなるが、破壊時のエフェクトが表示されるものの、【A】は破壊されず、致死ダメージを受けたまま戦場に残る。
  • Lichを置くとダメージに対して無敵になる(ダメージによる生け贄が発生しない)。なお、一定の条件下では正常に機能するがそうでない局面の方が多い。
  • アーナム・ジン/Erhnam Djinnの能力で森渡りを得たクリーチャーのコントロールがそのターンのうちに相手に移ると、そのクリーチャーからずっと森渡りが失われなくなる。

この他にも、条件が複雑かつ稀なために再現不能なバグは多数存在。また、カード処理以外でもバグが発生する。

  • Alchor's Tombのテキストにミスがあり、単に「対象のパーマネント一つは・・」と書かれている。実際には本来の機能どおり、自分のパーマネントしか対象に出来ない。
  • 何らかの方法で自分のカードを相手のアンティにし、デュエルに勝利すると、そのカードを「増やす」ことが出来る。所持しているカードの中でデッキを組むシールドとシャンダラーで有効。
  • シャンダラーモードの時、街で魔力の墓所/Mana Cryptを売却しようとするとプログラムが強制終了する。

[編集] 参考

QR Code.gif