魂の絆/Spirit Link

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Spirit Link / 魂の絆 (白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)(これを唱える際に、クリーチャー1体を対象とする。このカードはそのクリーチャーにつけられている状態で戦場に出る。)
エンチャントされているクリーチャーがダメージを与えるたび、あなたは同じ点数のライフを得る。


エンチャントされているクリーチャーダメージを与えるたびライフ回復するオーラのお家芸である「このクリーチャーがダメージを与えるたびあなたはライフを得る」能力はこのカードから俗に「魂の絆能力」と呼ばれ、キーワード能力の「絆魂」の由来となった(なお、現在の絆魂は「魂の絆能力」とは異なる。詳細はそれぞれのページを参照。)。

巨大クリーチャーつけるとライフをガンガン回復でき、セラのアバター/Serra Avatarならばライフが毎ターン2倍という凄まじい状況になる。また、墓所のネズミ/Crypt Ratsのたうつウンパス/Thrashing Wumpusなどの全体火力内蔵クリーチャーにつけても強力であり、自身は死なないようにプロテクションをつければ何度でも心おきなく撃てるようになる。

相手のクリーチャーにつけて攻撃を無効化するという使い方もできる。ただしこの場合、1回のダメージでライフが0以下になると能力が解決する前に状況起因処理敗北してしまうので注意。

  • 登場当時のルールでは、誘発型能力ではなかった上にライフが0以下になってもすぐには敗北しなかったため、擬似除去としての性能は現在よりも高かった。

コスト軽いP/T修整が無いため、カード・アドバンテージを失いやすいというオーラの性質から近年の構築で見かけることは少ない。しかし、効果自体は強力であり、これを内蔵するカードは高い評価を受けるものが多い。例としては、アルマジロの外套/Armadillo Cloak賛美されし天使/Exalted Angelなど。 また、単体で見ても1マナでクリーチャーに対処できるため、ウィニーメタのカードとしては有効。

12Knightsなどが対バーン用にサイドボードに採用していたほか、黎明期には割と頻繁に使用されていた。

[編集] 参考

QR Code.gif