デュエル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

デュエル(Duel)とは、第6版のルール改定に伴い廃語となった用語。かつてはゲームのことをこう呼んでいた。直訳すると「決闘」という意味。

  • 「デュエルする」ことを俗に「デュエる」と言う。「エ」にアクセント。また「デュエルをする人」を「デュエリスト」と呼ぶことも。今風にいえば「マジック・プレイヤー」の意であり、デュエル中にプレイヤーのことをデュエリストとは呼ばない。
  • 遊戯王OCGによって割とメジャーになった感がある。
  • 今も一部のファンの間では用いられる。
  • 漫画デュエル・マスターズはこれからとられているのだが、連載開始とほぼ同時に第6版が発売され、この言葉が廃語になっている。

[編集] 参考

QR Code.gif