アラビアンナイト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
アラビアンナイト/Arabian Nights
シンボル 円月刀
略号 AN, ARN
発売日 1993年12月17日
セット枚数 全78種類

アラビアンナイト/Arabian Nightsは、マジックの生みの親Richard Garfieldがセットデザイン・デベロップメントを手がけた、マジック初のエキスパンション1993年12月17日に発売された。1パック8枚入りで変則的な稀少度による封入がされており、初期エキスパンションブースターの雛型となった。

目次

[編集] 概要

千夜一夜物語(Arabian Nights)』を題材としており、カード名にアラビア語を使ったカードが多い[1]ほか、Library of AlexandriaBazaar of Baghdadなど、実際に存在する固有名詞もいくつか見られる。これらはのちに「舞台となっている世界はアラビア風のラバイア/Rabiahと呼ばれる次元/Planeである」という設定が与えられた。

コイン投げや、ペナルティ能力を併せ持つ大型クリーチャージンイフリート対エキスパンションカード、当時はキーワード能力化されていなかった絆魂魂の絆/Spirit Link能力)など、後々のカード・セットに影響を与えるギミック/メカニズムの萌芽をこのセットに見ることができる。

有名なカードはAli from CairoBazaar of Baghdad真鍮の都/City of Brassアーナム・ジン/Erhnam DjinnJuzam Djinnセレンディブのイフリート/Serendib Efreet密林の猿人/Kird ApeLibrary of AlexandriaOld Man of the Seaルフ鳥の卵/Rukh Eggなど。

  • 実は、印刷直前までカード裏面が別の色で刷られ、簡単にエキスパンションの区別がつけられる予定だった[2]。裏面のデザインに変更を加えないという英断は最終期限数分前にSkaff Eliasによってなされたが、この決定が20年以上(そして今後も)楽しまれるカードゲームを生み出す要因の1つになった。
    • そのため当初は基本土地も収録される予定だったが、取りやめになった。だが手違いで山/Mountainのみが収録されている[3]
  • 2003年12月、アラビアンナイトの未開封カートン(60パック入りディスプレイ*10箱)がアメリカのゲームコンベンションでのオークションに登場し、95,000ドル(当時の為替レートで約1,000万円)で落札された[4]

[編集] レイアウトの変更点

カードレイアウトに変更が行われている。

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 関連ページ

  1. MAGIC: THE NAMING--ARABIAN NIGHTS(Feature 2002年8月9日 Michael G. Ryan著)
  2. The Almost Different Back(Feature 2002年8月5日)
  3. 25 Random Things About Magic(Making Magic 2009年2月16日)
  4. Classic Developments(Latest Developments 2003年12月20日)

[編集] 参考

QR Code.gif