ギザギザ稲妻/Jagged Lightning

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jagged Lightning / ギザギザ稲妻 (3)(赤)(赤)
ソーサリー

クリーチャー2体を対象とする。ギザギザ稲妻はそれらにそれぞれ3点のダメージを与える。


複数の対象をとる火力で、酷暑/Swelter上位種

構築では、プレイヤーを対象にできず、戦場クリーチャーが1体しかいないと唱えることすらできず、さらに当時は同ブロックコモンである弧状の稲妻/Arc Lightningを始めとする優良火力がいっぱいあったので、お呼びがかかることはなかった。

リミテッドでは、例によって対象には事欠かないので、単純な1対2交換が容易なカードとして定評がある。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

2つの対象を取る火力呪文。特筆しない限り対象は最低2つ取らねばならず、クリーチャー限定のソーサリー太字プレイヤープレインズウォーカーも選べる。

3つの対象を取る火力呪文。

対象の数を追加でマナを支払った数だけ増やせる隕石破/Meteor Blastや、そのX火力版彗星の嵐/Comet Storm弾ける力/Crackle with Powerも存在する。

割り振り火力は発火/Pyrotechnicsの項を、クリーチャー1体とプレインズウォーカー1体/プレイヤー1人への同時火力は降り注ぐ火の粉/Shower of Sparksの項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif