ぶどう弾/Grapeshot

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Grapeshot / ぶどう弾 (1)(赤)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。ぶどう弾はそれに1点のダメージを与える。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。)


ストーム付き1点火力

乱射/Scattershotと比較すると、プレイヤー対象に取れる点はパワーアップしたが、ソーサリーになったことで除去としての機能は下がっている。特に、乱射は対戦相手クリーチャー唱えたターンに撃てばストームが1つ確定するため、それだけでタフネス2まで焼くことができたが、この使い方ができないのは辛い。したがって、これは能動的にストームをためる工夫をして使っていくべきであろう。

2マナという軽さもあり比較的ストームも稼ぎやすく、同ブロック待機呪文等と組み合わせれば2〜4点は簡単に叩きだせるだろう。実質的に割り振り火力として機能することもあって割と便利である。

構築ストームデッキエンドカードとしては、苦悶の触手/Tendrils of Agonyより必要なストーム量が多く、思考停止/Brain Freezeであるため使い勝手に差がある。しかし紅蓮術士の刈り痕/Pyromancer's Swathと合わせてダメージを上げればストームは7回前後で足りることから、刈り痕ストームというデッキが作り出された。エクステンデッドThe Extended Perfect Stormにこのシナジーが搭載される場合もある。炎の儀式/Rite of Flameなど、同時期のに優秀なマナ加速手段が多数存在していたことも追い風だった。

2013年2月6日よりPauper禁止カードに指定。対策カードが少なすぎる上にコンボ成立が早いとあっては禁止も仕方のないところか。同時に巣穴からの総出/Empty the Warrensも禁止されたため、赤系ストームデッキは消滅を余儀なくされた。

[編集] 参考

QR Code.gif