Eternal Flame

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Eternal Flame (2)(赤)(赤)
ソーサリー

対戦相手1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。Eternal FlameはそれにX点のダメージを与え、あなたにそのXの端数を切り上げた半分の点数のダメージを与える。Xはあなたがコントロールする山(Mountain)の数である。


コントロールしているの数だけ対戦相手プレインズウォーカーダメージを与える火力呪文。同時に自分もその半分の反動ダメージを受ける。

山がタップされていても火力は変わらないので、マナを他に使いつつ大きな威力を確保できるのが魅力の1枚。他の火力呪文と威力面で比較すると、最低5枚は山がある状況で使いたいところ。そう考えると、どちらかというと単色もしくはメインのデッキ向け。

  • 山を出しすぎると、まま自滅する羽目になる。火炎破/Fireblastなど、山を生け贄に捧げられるカードで調整しよう。
    • 対象にダメージを与え、反動のダメージを受けるまでが一連の効果である。自分がダメージを受ける前に山を減らすことはできないので注意。
    • 反動は端数切り上げなので、できるなら山は偶数枚に調整しておきたい。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

あなたがコントロールする山の数を参照するカード。特記しない限り赤単色。解説中のXはコントロールしている山の数。版はヴィダルケンの枷/Vedalken Shacklesの項を、版は堕落/Corruptの項を、版は狼の血/Aspect of Wolfの項を参照。

以下は山に限らずあなたの土地全般の数を参照するもの。

他のプレイヤーの土地数を参照する様にすると魔力の奔流/Power Surgeなどの系統になる。基本土地タイプの数を数えるものは版図の項を、土地数に応じてP/Tが変化するクリーチャーはマローの魔術師モリモ/Molimo, Maro-Sorcererの項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif