マナベルチャー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナベルチャー(Mana Belcher)は、マナ切り離し/Mana Severanceゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcherを使ったコンボデッキ。日本では「マナベルカー」と表記・発音されることも多い。

[編集] 概要

マナ切り離し/Mana Severanceによってライブラリー土地カードをすべて追放した後、ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher起動して大ダメージ与える


Mana Severance / マナ切り離し (1)(青)
ソーサリー

あなたのライブラリーから望む枚数の土地カードを探し、それらを追放する。その後あなたのライブラリーを切り直す。



Goblin Charbelcher / ゴブリンの放火砲 (4)
アーティファクト

(3),(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。あなたのライブラリーを、土地カードが公開されるまで上から1枚ずつ公開する。ゴブリンの放火砲はこれにより公開された土地でないカードの数に等しい点数のダメージをそれに与える。もし公開されたカードが山(Mountain)である場合、ゴブリンの放火砲は代わりに2倍のダメージを与える。公開されたカードを、望む順番であなたのライブラリーの一番下に置く。



Tinker / 修繕 (2)(青)
ソーサリー

修繕を唱えるための追加コストとして、アーティファクトを1つ生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから、アーティファクト・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


たった2枚でコンボが完成するため、その他のカードはカウンターなどの妨害カードとライブラリーを掘り下げるドローカードに多くのスペースを割くことができる。サーチカードのうち強力なのが修繕/Tinkerで、ミラディン・ブロックで大幅に強化されたティンカーの動きもあわせ持つ。

プロツアーニューオーリンズ03ではフランス勢が使用し、ベスト8に3人を輩出している。しかしその後修繕の禁止により衰退。ローテーションでマナ切り離しを失い、エクステンデッドを退場した。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (0) 3 水銀のドラゴン/Quicksilver Dragon
呪文 (40) 1 白金の天使/Platinum Angel
2 金属モックス/Chrome Mox 1 罠の橋/Ensnaring Bridge
2 通電式キー/Voltaic Key 4 寒け/Chill
2 威圧のタリスマン/Talisman of Dominance 3 無効/Annul
3 発展のタリスマン/Talisman of Progress 1 蒸気の連鎖/Chain of Vapor
4 厳かなモノリス/Grim Monolith 2 綿密な分析/Deep Analysis
4 ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher
1 金粉の水蓮/Gilded Lotus
1 精神隷属器/Mindslaver
4 魔力の乱れ/Force Spike
4 渦まく知識/Brainstorm
1 急流/Rushing River
4 神秘の教示者/Mystical Tutor
4 マナ切り離し/Mana Severance
4 修繕/Tinker
土地 (20)
4 古えの墳墓/Ancient Tomb
4 リシャーダの港/Rishadan Port
4 島/Island
4 汚染された三角州/Polluted Delta
4 裏切り者の都/City of Traitors

[編集] 参考

QR Code.gif