Mox

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mox Pearl (0)
アーティファクト

(T):あなたのマナ・プールに(白)を加える。


Moxモックス)とは、リミテッド・エディションアンリミテッド・エディションに収録された、Moxの名を冠するマナ・アーティファクトサイクル。複数形は「Moxen」または「Moxes」。以下の5枚が該当し、いずれもパワー9に含まれている。

いずれも0マナアーティファクトであり、タップのみで対応する色マナを1点生み出す。各色マナを出す基本土地と同じ能力であるが、土地ではないため、土地の「1ターンに1枚しか出せない」という制約が無い。そのため、これらのカードを1ターンに複数枚出すことができ、莫大なマナ加速が可能となる。

このように非常に強力であるために、いずれも各フォーマット禁止制限されている。

[編集] Moxの名前を冠するカード

後世には、これらMoxサイクルの調整版として、Moxの名前を冠するマナ・アーティファクトがいくつか作られている。

公式フォーマットで利用できる以下の亜種は、いずれもマナ・コストが0点で、タップのみで色マナを生み出すことができる点がMoxサイクルと共通している。

モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
ストロングホールドで登場。どののマナも生み出せるが、土地を1枚捨てないと戦場に出せない。
金属モックス/Chrome Mox
ミラディンで登場。戦場に出た時に手札からカードを追放刻印)し、その追放したカードのいずれかの色のマナを生み出せる。
オパールのモックス/Mox Opal
ミラディンの傷跡で登場。どの色のマナも生み出せるが、(自身を含む)アーティファクトを3つ以上コントロールしていないと能力を起動できない。また、伝説のアーティファクトであるため、1枚しか戦場に維持できない。

[編集] ジョーク・非公式

公式フォーマットで使えない亜種も作られている。これらの亜種には、Moxサイクルと公式フォーマットで利用できる亜種の共通点に合わないものもある。

Jack-in-the-Mox
アングルードで登場。0マナ。生み出すマナの色が6面ダイスで決まり、出目によっては自爆する。
Mox Lotus
アンヒンジドで登場。15マナ。無限無色マナを生み出し、100マナを色マナ1点に変換するマナフィルターを持つ。
Gleemox
Magic Onlineプロモーション・カード。0マナ。どの色のマナも生み出せるが、ルール文章禁止カードに指定されている。
Mox Crystal
非公式フォーマット5-Color Magicのインビテーショナルカード。0マナ。無色マナを生み出す。

[編集] 参考

http://mtgwiki.com/wiki/Mox」より作成
QR Code.gif