カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kuldotha Forgemaster / カルドーサの鍛冶場主 (5)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

(T),アーティファクトを3つ生け贄に捧げる:あなたのライブラリーからアーティファクト・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

3/5

アーティファクトを3つ生け贄に捧げることでライブラリーから直接アーティファクトを戦場に出せるアーティファクト・クリーチャー。複数のアーティファクトを合成して鍛え直し、新たなアーティファクトを産み出すイメージなのだろう。

アーティファクトを多用するデッキに採用して、状況に応じてシルバーバレットできるような構成にしておくと強力。生け贄に捧げる数が多いので、マイアの戦闘球/Myr Battlesphereなどの頭数を増やせるカードを採用しておくと運用しやすい。5マナ3/5とアーティファクト・クリーチャーとしてはサイズが悪くないのも利点。

登場時のスタンダードにはこれといったアーティファクトが不在だったため評価は高くなかったが、続くミラディン包囲戦で必殺級と言える荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossusを獲得し、青黒テゼレットにこのコンボを組み込んだデッキが登場した。レガシーヴィンテージではドローの弱いMUDにあって、上述の荒廃鋼の巨像や隔離するタイタン/Sundering Titanなどの巨大クリーチャーイシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sahのような除去から威圧の杖/Staff of Dominationなどのコンボパーツに至るまでを戦況に応じてインスタント・タイミングで呼び出せるシルバーバレット戦略の成立に一役買った。2枚目以降の三なる宝球/Trinisphereや使用済みの厳かなモノリス/Grim Monolithなど、餌にできるアーティファクトが豊富である点も相性が良い。その名を冠したカルドーサMUDというデッキも存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif