財宝発掘/Trash for Treasure

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Trash for Treasure / 財宝発掘 (2)(赤)
ソーサリー

財宝発掘を唱えるための追加コストとして、アーティファクトを1つ生け贄に捧げる。
あなたの墓地にあるアーティファクト1つを対象とし、それを戦場に戻す。


自分にしか使えないゴブリンの溶接工/Goblin Welder能力ソーサリー版。ただしアーティファクト生け贄追加コストになったことでテキストはすっきりしたものになっている。

マナ・コストを踏み倒せるとはいえ、何かしらのアーティファクトが必要なうえ、目的のカードを墓地落とすというプロセスが必要なのでかなり使いにくい。同じ3マナでアーティファクトの生け贄を要求する修繕/Tinkerと比較するとその差は歴然。ソーサリーなのでゴブリンの溶接工のように何度も使い回す、といった使い方もできない。

とはいっても修繕やゴブリンの溶接工が強力すぎるだけで、アーティファクト版リアニメイトとして見るならこれくらいが適正であろう。ただ重くて強いアーティファクト、というのは大半がアーティファクト・クリーチャーなのでわざわざこれを使わなくともゾンビ化/Zombifyのようなクリーチャー用のリアニメイトを使えば十分なことがほとんどであり、結局使いづらさが目立つ点は変わらず、使われることもほとんどなかった。

  • コスト支払いより先に対象が決めなければならないので、コストとして生け贄に捧げたアーティファクトをそのまま出すことはできない。

[編集] 参考

QR Code.gif