ドラフト点数表/新たなるファイレクシア

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
点数表の目安
10点 極めて強力で、見かけたらを変えてでも取るべき
(使うべき)カード。終盤での出現など、止むを得ない事情が
あっても見逃してはいけない、即座にカットすべきカード。
9点 極めて強力で、この1枚のためだけにでも
その色を散らすことを考慮すべきカード。
8点 強力なカードで、色が合っていればデッキに
入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの
有無がメインカラーの決定基準になる。
7点 メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。
(例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点 戦力として期待できるカード。
(例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点 戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。
(例:3マナ2/2バニラ、)
4点 まあ戦力になればラッキー、又は
サイドボードとしてなら使えるカード。
3点 明らかに弱いカード。よほどカードプール
貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点 相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点 いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも
入ることはありえない。これを入れるくらいなら
基本土地を入れた方がマシ

目次

[編集] 無色

8点:解放された者、カーン/Karn Liberated - M
相手のフィニッシャーが出ている状況なら、除去2連打の使い捨てでも不利を巻き返せる。奥義は忘れていい。

[編集]

5点:使徒の祝福/Apostle's Blessing - C
重点的に保護したいキーカードがあるなら。
5点:オーリオックの生き残り/Auriok Survivors - U
優秀な装備品を確保し、さらにそれが破壊されないとただのバニラ。回収の斥候/Salvage Scoutの方が安定する。
8点:刃の接合者/Blade Splicer - R
感染対策にも先制攻撃は強力。ゴーレムを並べる価値はある。
5点:大聖堂の皮膜/Cathedral Membrane - U
感染相手でも除去になる分、ただの壁よりは使いやすい。
7点:別館の大長/Chancellor of the Annex - R
出れば十分なサイズではあるが、土地溢れしやすいリミテッドではイマイチな戦場効果。
5~8点:急送/Dispatch - U
中盤以降もテンポを損ねない除去。白は金属術を積極的に狙いやすく、組み込むのは容易な方。
4点:相応の敬意/Due Respect - U
少々消極的。余ってたらピックしてもいいが、極力デッキには入れたくない。
10点:大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite - M
色が合わなくともカット推奨。
6点:排他の儀式/Exclusion Ritual - U
6マナの除去と思っておけばいい。一応バウンスで再利用もできる。
6点:強制された崇拝/Forced Worship - C
張り替えのおかげで浮いたマナを気兼ねなく宛がえる。アンブロッカブル対策に1枚はあると便利。
6点:審問官の総督/Inquisitor Exarch - U
基本は2点ライフロス。出た時点で仕事を終えてるので使い潰しやすい。
5点:敗残のレオニン/Lost Leonin - C
白の感染は少なく、自然には組み込みにくい。
5点:ロクソドンの改宗者/Loxodon Convert - C
打点重視の数合わせ枠。
5点:骨髄の破片/Marrow Shards - U
2体以上と交換できるとおいしい。1~2マナ域のクリーチャーが薄い構築向け。
7点:練達の接合者/Master Splicer - U
これがピックできたならゴーレムメインに舵を切っても良い。
3点:ノーンの別館/Norn's Annex - R
間接的なダメージソースだが役に立たないシーンが多い。
2点:ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife - R
ドラフトでは非感染へのライフがちょっと増える程度。
7点:磁器の軍団兵/Porcelain Legionnaire - C
打点に直結するため早出しが効果的。並のクリーチャーでは止め難い。
6~8点:純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin - R
装備品ありきなのでピック運に大きく左右される。
6点:倒れし者の記憶/Remember the Fallen -C
後者のモードをアーティファクト・クリーチャーにすれば病的な略取/Morbid Plunderと同等の働き。
5点:探知の接合者/Sensor Splicer - C
接合者メインの時の数合わせ要員。
7点:砕けた天使/Shattered Angel - U
中盤以降のフライヤーとして上々の性能。即出しできれば回復も6~9点は期待できる。
5点:金切り声の猛禽/Shriek Raptor - C
敗残のレオニン/Lost Leonin同様、白の感染は主軸としては扱いにくい。
6点:縫合の僧侶/Suture Priest - C
コモンのため複数並べる手もあり。相手が非感染で全体火力も無ければ効果覿面。
4点:戦争報告/War Report - C
感染相手では死に効果なのもあり、重さに見合っているとは言い難い。

[編集]

4点:銀白の突然変異/Argent Mutation - U
キャントリップこそあるものの、コンボな用途しかないものに3マナは辛い。
6点:霊気の武装/Arm with AEther - U
2体以上バウンスできれば上出来。飛行だけでなくアンブロッカブルも豊富な環境なのは追い風。
7点:荒廃の工作員/Blighted Agent - C
装備品が豊富ならこれだけで裏の手になる。
8点:つながれた喉首追い/Chained Throatseeker - C
実質コモンのファイレクシアの巨大戦車/Phyrexian Juggernaut荒廃の工作員/Blighted Agent悪性の傷/Virulent Woundで制限解除も容易。
7~8点:尖塔の大長/Chancellor of the Spires - R
アーティファクト環境とはいえ長期戦なら何かしら利用可能。バウンス用のマナを立てておくと、これに飛んだ除去を相手へ返せる。
6点:堕落した決意/Corrupted Resolve - U
多少強引にでも毒を付ければ見返りは大きい。色拘束が薄いのも魅力。
5点:詐欺師の総督/Deceiver Exarch - U
タフネス2の感染に殴られると機能不全になる低パワーのブロッカーは肩身が狭い。
2点:防御姿勢/Defensive Stance - C
これに頼るようでは負けという存在自体がフレーバー。
6点:ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe - C
デッキ圧縮兼情報アド。ヘタな1マナクリーチャーを入れるよりはこれ。
7点:突き刺しモズ/Impaler Shrike - C
血清掻き/Serum Rakerと並ぶクロック要員。相手が黒や赤なら早々にドロー変換してもおいしい。
7点:核の占い師、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Core Augur - M
使うなら際限無き成長の祭殿/Shrine of Boundless Growthを駆使した青緑は必須。ライブラリーアウトで自爆だけはしないように。
2点:精神的つまづき/Mental Misstep - U
マナカーブを重視したリミテッドに仕事の場は無い。
5点:精神間引き/Mindculling - U
典型的な器用貧乏。効果自体は強力かつ色拘束も薄いので、マナ加速を多めに組み込めたなら。
5点:無感覚の投薬/Numbing Dose - C
重いわりにタップ効果がセットではないため、クリーチャーへの効果は薄め。コモン相応といったところ。
7点:ファイレクシアの摂取者/Phyrexian Ingester - R
除去するなら相手の主力を誘いたいため、多少の重さは気にならない。出た後は装備品回避能力を付与したい。
9点:ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph - R
色を選ばず使えるためピックしやすい。アーティファクト除去に弱いのが欠点。
7点:心理の障壁/Psychic Barrier- C
リミテッドにおいてクリーチャーに頼らない機会はまず無い。同環境はバウンスも強い部類。
2点:心理的手術/Psychic Surgery - R
これを入れる枠で汎用的な対策カードを入れた方が良い。
5点:脊柱の飛行機械/Spined Thopter - C
早出ししても小粒な感は否めない。
7点:尖塔の監視者/Spire Monitor - C
打ち消しや起動型能力が強い分、マナを構えながら戦うことが多い同環境の立ち回りを補完してくれる。
7点:テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit - U
色を問わず黒のドローを使えると考えれば破格。増殖感染より蓄積カウンターで活用したい。
6点:蒸気の絡みつき/Vapor Snag - C
ライフロスに目を瞑ればETBが強いクリーチャーも多い。中盤以降は心理の障壁/Psychic Barrierとセットで。
7点:病毒のドレイク/Viral Drake - U
除去に強い優秀なシステムクリーチャー。蓄積カウンターを使う強カードをピックした際も補助兼ブロッカーになれる。
8点:翼の接合者/Wing Splicer - U
ゴーレムの鋳造所/Golem Foundryや他の接合者がフィニッシャー製造機になる。これだけ見ても実質4マナ3/3飛行
2点:異種移植/Xenograft - R
ガチガチのコンボ用カードに5マナ払う余裕はない。

[編集]

6点:盲目の盲信者/Blind Zealot - C
先出しできる除去。威嚇は環境柄あまりアテにならないので、ファクト対策や回避能力は確保しておきたい。
6点:ファイレクシアの愛撫/Caress of Phyrexia - U
感染デッキの火力。ドローはあくまで相手が非感染の時の緊急手段。
8.5点:ドロスの大長/Chancellor of the Dross - R
公開効果が出すまでの粘りと噛み合っており、飛行絆魂も立て直しからのフィニッシュに十分。黒の濃さをクリアできるなら初手。
4点:狂気コウモリ/Dementia Bat - C
クリーチャーとしては当てにならないマナレシオ。ドロー直後のハンデスに価値を見出せるなら。
6点:蔑み/Despise - U
初手に打てればピーピングついでに何かしら当たる。黒青なら終盤にも腐らない。
9点:四肢切断/Dismember - U
黒メインはもちろんタッチでも強引に使える強除去。
8点:隷属/Enslave - U
堕落した良心/Corrupted Conscienceには劣るものの十分強い。
7点:納墓の総督/Entomber Exarch - U
基本は回収付き2/2だが、ギタクシア派の調査/Gitaxian Probeがあれば二番目の効果も実用的。
3点:邪悪の気配/Evil Presence - C
水膨れ地掘り/Blistergrub渡りとシナジーを形成するものの、積極的に狙うほどでもない。
5点:ゲスの評決/Geth's Verdict - C
序盤のテンポ確保で使うにはダブルシンボルが足を引っ張る。
8点:ぎらつく油/Glistening Oil - R
使い回しできる除去は非常に有用。特に環境に多い2/1感染によく刺さり、パワー1も少ない被害で無力化が可能。
6点:不気味な苦悩/Grim Affliction - C
単純に使っても永続-2/-2。
5点:胆液の爆発/Ichor Explosion - U
リセットの数が欲しい路線なら頭でっかちと併用で。何も考えず使うには重すぎる。
8点:生命の終焉/Life's Finale - R
ドラフトの枚数ではデッキからクリーチャーがゼロになることも。回収対策に虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbombを仕込んでおけば万全。
6点:死の犬/Mortis Dogs - C
鉄砲玉。銅の甲殻/Copper Carapace等と併用で直接ダメージの強化を狙える。
7点:寄生的移植/Parasitic Implant - C
チャンプブロックしても小物が補充される分、ある程度フォローしてくれている。
7.5点:ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator - M
無理に黒単にするより、マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspringを割れるようにした方が総合的に安定する。5~6マナ域まで遅れてもお釣りが来る強さ。
6点:髄掘り/Pith Driller - C
単純なマイナス修正と違い増殖のタネにもなる。
5点:死後の一突き/Postmortem Lunge - U
コストがかかる分、意外と融通が利かない。再利用したいETB感染持ちがいるなら。
8点:法務官の掌握/Praetor's Grasp - R
主な仕事は情報アドとキーカード除去、奪取はついで。できれば合金のマイア/Alloy Myr太陽の宝球/Sphere of the Sunsをピックしたい。
7点:シェオルドレッドの刈り取るもの/Reaper of Sheoldred - U
感染のブロッカーとして働いてくれる。こだまの飾り輪/Echo Circletで毒2点。
8点:囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One - M
直接的に強い。劣勢では回避能力持ちを維持されて殴り負けもあるので、蘇生対象も幅広く用意したい。
4点:外科的摘出/Surgical Extraction - R
墓地のカード自体は追放できるため、対策+情報アド程度にはなる。
5点:毒の屍賊/Toxic Nim - C
マイナス修正であっさり死ぬため6マナとしては少々頼りない。
6点:大霊堂のスカージ/Vault Skirge - C
初手なら実質1マナ枠。タフネス1の飛行と相討ちするだけでも上出来。
6点:囁く死霊/Whispering Specter - U
3枚以上ハンデスできれば強力なものの、色拘束が足を引っ張るし欲張ると止められる。相手が大物を抱えていそうなら躊躇わず生け贄に。

[編集]

7点:攻撃的な行動/Act of Aggression - U
相討ちできるとは限らないため、入れる際はサクり台の用意を怠らずに。
8点:石弾化/Artillerize - C
5点火力の強除去。クリーチャーもアーティファクトもPIGやトークンが豊富なため素材には困らない。
7点:棍棒での殴り合い/Bludgeon Brawl - R
無駄なく便利。特に先制攻撃持ちを大幅に強化してくれる。
7点:溶鉱炉の大長/Chancellor of the Forge - R
本体に速攻が無いのは片手落ちの感が否めない。大地のうねり/Geosurgeで出せることが最大の利点か。
9点:堕ちたる鉄術士/Fallen Ferromancer - U
回り出せば環境に多いタフネス1を一掃してくれる。先にこちらが除去されないよう保護したい。
5点:炎生まれのバイロン/Flameborn Viron - C
色拘束が強く少し軽い剃刀ヶ原の打つもの/Razorfield Thresher
4点:焼炉の悪獣/Furnace Scamp - C
初手にいないとチャンプブロックか生け贄要員。
4点:大地のうねり/Geosurge - U
赤の強クリーチャーをピックしたなら。優先してピックされることは少ないので、余ったものを拾えばいい。
5点:はらわた撃ち/Gut Shot - U
特に感染にはタフネス1の的が多い。Φマナについては、相手が感染ならノーリスクという程度。
6点:侵略の寄生虫/Invader Parasite - R
5マナを出した上で相手に土地を出させることが課題。終盤に引くと単なる3/2。
8点:溶鉄鋼のドラゴン/Moltensteel Dragon - R
4マナ4/4飛行と考えると特筆すべき性能。赤でなくとも縫合の僧侶/Suture Priest入り白なら使いこなせる。
6点:オーガの使用人/Ogre Menial - C
赤の感染は数が少ない一方、赤が濃い構築でも毒殺という裏の手を仕込めるとも言える。
5点:ウラブラスクの僧侶/Priest of Urabrask - U
フリースペルのクリーチャー。大地のうねり/Geosurgeを入れていたり、目ぼしい3マナ枠がないなら。
1点:憤怒の抽出機/Rage Extractor - U
新たなるファイレクシア限定のΦマナを実用レベルまでかき集めるのは至難の業。
7点:剃刀の豚/Razor Swine - C
尻でっかちの大半を使い物にならなくするイヤらしい豚。
4点:無情な侵略/Ruthless Invasion - C
これを使うためにアーティファクト除去を多くするよりも、除去からそのまま攻めた方が有効な感はある。
4点:屑鉄場の斉射/Scrapyard Salvo - C
本体限定のため扱いづらい。
4~8点:金屑の悪鬼/Slag Fiend - R
連射のオーガ/Barrage Ogreと相性が良い。一方で虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbombとは相性最悪、カットも視野に。
6点:切りつける豹/Slash Panther - C
早出しと速攻4点は使い分けができる点で噛み合っている。
8点:責め苦の総督/Tormentor Exarch - U
戦線をこじ開けるのにちょうどいいテンポ。
7点:隠れしウラブラスク/Urabrask the Hidden - M
膠着状態を覆す力は持ち得ない。これを活かせると同時に、5マナで来なくとも勝てるハイテンポな構築が要求される。
3点:勝利の破壊/Victorious Destruction - C
ランデスにしても重すぎ。地形の融解/Melt Terrainにも見劣りする。
8点:電位の負荷/Volt Charge - C
インスタント3点火力というだけでリミテッドでは主力。
6点:ヴァルショクの難民/Vulshok Refugee - U
鞭打ち炎/Whipflare金屑の嵐/Slagstormと同時にピックできればかなりラッキー。
7点:鞭打ち炎/Whipflare - U
ドラフトなら腐ることはそうそう無い。2マナで2体以上焼ければ十分過ぎる。

[編集]

9点:内にいる獣/Beast Within - U
フィニッシャー除去はもちろん、感染対策やこちらの除去へのフォロー、複数ブロックの目算崩しと非常に器用。
7点:出産の殻/Birthing Pod - R
段階式に使うよりは、環境に多い2マナのPIG持ちやマナマイア辺りを3マナクリーチャーに逐次変換するのが向いている。
8点:非道の総督/Brutalizer Exarch - U
6マナは大型クリーチャーにアクセスする理想的なタイミング。後から手札に来ても、厄介なエンチャント+α対策として機能する。
8点:絡み森の大長/Chancellor of the Tangle - R
このサイズでブロックに負担をかけず相手を崩せるのは強力。公開効果が役立つかは運次第。
4点:腐食の突風/Corrosive Gale - U
基本的には荒廃後家蜘蛛/Blightwidowがなんとかしてくれる。相手に感染持ちの飛行が多いようなら。
6点:死の頭巾のコブラ/Death-Hood Cobra - C
環境下では比較的希少な接死持ち。大型の感染にこちらのキーカードをぶつけたくない時等に役立つ。
8点:新鮮な肉/Fresh Meat - R
サクり台で1/1のマイアがムキムキのビーストに変貌する。素のまま使っても利便性は高く、腐ることは少ない。
7点:グリッサの嘲笑/Glissa's Scorn - C
真っ二つ/Slice in Twainシルヴォクの模造品/Sylvok Replicaにエンチャント対策を任せられる。
5点:ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf - C
緑入り感染で固めるなら優良な数合わせ。
6点:緑柄の練習生/Greenhilt Trainee - U
装備品の他、緑なら変異原性の成長/Mutagenic Growthからの起動も可能。ブロック時のコンバット・トリックとして非常に効果的。
7点:血吸いの噛み付き/Leeching Bite - C
タイミング次第で1:2交換も実現可能。2/1感染を掃除するだけでも緑にはありがたい。
5点:大槌の接合者/Maul Splicer - C
他に有力な接合者を確保しているなら。
7点:シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast - R
感染なら即出しするより相手の除去を撃ち尽くさせたい。効果と無縁な相手でも熊。
6点:変異原性の成長/Mutagenic Growth - C
キーカードの緊急防御に貢献してくれる。
6点:マイコシンスの悪鬼/Mycosynth Fiend - U
主な用途は回避能力感染における地上の壁。
6点:有毒の蘇生/Noxious Revival - U
キーカードのお守りとして挿しておきたい。
8点:ファイレクシアの群れの王/Phyrexian Swarmlord - R
感染を組むに値する性能。事前に3点も通っていればトークン特攻で詰められる。
5点:腐敗したヒストリクス/Rotted Hystrix - C
同環境のアンコモン以下の大型はパワー6か感染が多く、長持ちは期待できない。
7点:脊柱噛み/Spinebiter - U
サイズで負けても殺せば勝ちという、毒を象徴した一枚。金属術を達成したミラディンの血気/Mirran Mettleで毒7点。
6点:とどろくタナドン/Thundering Tanadon - C
自前のトランプルで、装備品が充実しているなら早出しの価値もある。強化手段に乏しい時は無理せずに。
6点:大軍の功績/Triumph of the Hordes - C
使うのであれば、純感染では心もとない構築の裏の手か。マイコシンスの悪鬼/Mycosynth Fiendとは相性が良い。
5点:ヴィリジアンの背信者/Viridian Betrayers - U
感染が付いたところでタフネス1。色拘束も濃いため、緑が濃い構築での数合わせといったところ。
3点:ヴィリジアンの収穫/Viridian Harvest - C
使い捨ての回復は積極的に頼るものではない。
6.5点:生命の接合者/Vital Splicer - U
感染に弱い点が向かい風。刃の接合者/Blade Splicer翼の接合者/Wing Splicerを確保しているなら。
8点:飢餓の声、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Voice of Hunger - M
緑の大型は際限無き成長の祭殿/Shrine of Boundless Growthで早出し向き。効果は余裕を持って皮羽根/Skinwingを付けるため、とでも思おう。

[編集] 多色

9点:覇者、ジョー・カディーン/Jor Kadeen, the Prevailer - R
主の呼び声/Master's Callでも仕込んでおけばクリーチャー戦では敵無し。全体強化も速やかな制圧に貢献してくれる。

[編集] アーティファクト

7点:合金のマイア/Alloy Myr - U
少し頑丈で少し便利なマナマイア
10点:殴打頭蓋/Batterskull - M
性能は言わずもがな、リミテッドでは出し入れすることで永続的な絆魂付きの頭数になる点も強力。
8点:まばゆい魂喰い/Blinding Souleater - C
タフネス3が光る実質白のタッパー
6点:かごの中の太陽/Caged Sun - R
腐ることは稀なものの、劣勢ではジリ貧になることも。
7点:変換室/Conversion Chamber - U
タネを作れば増殖で3/3を高速生産。環境下にシナジーを形成するカードは多い。
2点:ダークスティールの秘宝/Darksteel Relic - U
ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas専用カード。
6点:刻まれた大怪物/Etched Monstrosity - M
効果は忘れて5マナ5/5のゴーレムと思って良い。
7点:グレムリン地雷/Gremlin Mine - C
チャンプブロック+起爆でファイレクシアの巨大戦車/Phyrexian Juggernautも吹き飛ばせる。一枚は持っておきたい。
6点:呪詛の寄生虫/Hex Parasite - R
1マナ枠のシステムクリーチャーとして見ても、入れて腐らない。
5点:浮上マイア/Hovermyr - C
飛行警戒という下地は装備品の対象向けなものの、基礎スペック自体は貧弱。過信は禁物。
5.5点:焼身の魂喰い/Immolating Souleater - C
赤単色コモン2枚でワンショットキルを実現可能な地雷。実際の仕事は主に相討ちブロック。
6点:強欲な魂喰い/Insatiable Souleater - C
相討ちブロックで油断を誘いやすく、これ自体もアーティファクトのためミラディンの血気/Mirran Mettleによる強化が特に有効。
4点:孤立の監房/Isolation Cell - U
展開しきった後や土地溢れになってから出しても腐るのが欠点。
6点:窯歩き/Kiln Walker - U
速攻に寄せるなら色を問わない3マナ3/3。
8点:鞭打ち悶え/Lashwrithe - R
混色でも4/4もあれば十分な性能。回避能力持ちに付ければ早々にケリがつく。
3点:精神クランク/Mindcrank - U
大量破壊の網/Decimator Webが8枚破壊になるくらい。
6点:マイコシンスの水源/Mycosynth Wellspring - C
色拘束の強いピックなら胆液の水源/Ichor Wellspringより頼れる。どちらも便利なため、サクり台の確保は欠かさずに。
3~8点:マイアの超越種/Myr Superion - R
パラジウムのマイア/Palladium Myrウラブラスクの僧侶/Priest of Urabraskがパートナー。マナマイア2体で出すのは無理ゲー。
4点:屍襲い/Necropouncer - U
闊歩するものの装具/Strider Harnessの方が安定する上にコモンで出やすい。
3点:前兆の機械/Omen Machine - R
非常にクセが強く、自分が6マナ使うにはリスクが大きい。
4点:黒死病の魂喰い/Pestilent Souleater - C
災いの召使い/Scourge Servantが無かった時の数合わせ担当。
4点:ファイレクシアの大男/Phyrexian Hulk - C
これを使うくらいなら1マナ増やして六角板のゴーレム/Hexplate Golemを。
7点:清純のタリスマン/Pristine Talisman - C
マナ加速のオマケとしては十分な効果。マナ不要な時でも1点回復は機能する。
5点:際限無き成長の祭殿/Shrine of Boundless Growth - U
緑の大型をピックしたなら有用。タイミングが合えば5ターン目で8マナ以上を捻出できる。
8点:燃え上がる憤怒の祭殿/Shrine of Burning Rage - U
放置すれば死刑宣告。欲張った結果バウンスや破壊されても泣かない。
5点:限界無き力の祭殿/Shrine of Limitless Power - U
計7マナは重すぎる。理想の回りをすれば5マナ域でドロー対応3枚ハンデスだが、こちらの展開も大きく阻害されるのは考え物。
8点:忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions - U
即出しできればすごい量になることも。膠着状態なら強制された崇拝/Forced Worshipの張り替えでもカウンターが乗る。
6点:貫く幻視の祭殿/Shrine of Piercing Vision - U
先出しして、大型を出せるマナ域で起動できると理想的。
7点:鎌切り/Sickleslicer - U
装備コストを除けば有用に使える一品。細菌を生け贄素材にしてムダ無く装備したい。
4点:魂の導管/Soul Conduit - R
これ頼みの戦術では先にこちらが死にかねない。宝物の魔道士/Treasure Mageのサポートは必須。
8点:呪文滑り/Spellskite - R
小ぶりな除去を一身に請け負い、回避能力持ちの場持ちを大幅に高めてくれる。
4点:うねりの結節/Surge Node - U
蓄積カウンターありきの存在。ハマれば強いが博打ピックでもある。
10点:戦争と平和の剣/Sword of War and Peace - M
感染には誘発効果こそ無意味なものの、装備の性能だけで強い。
5点:倦怠の宝珠/Torpor Orb - R
余ってたらピックしてもいい。自分の首を絞めない限り、意表を突きつつ金属術の足しくらいにはなる。
6点:侵害の魂喰い/Trespassing Souleater - C
ニューロックの透術士/Neurok Invisimancerとともに青のアンブロッカブル戦略を支える。
5点:巻き戻しの時計/Unwinding Clock - R
小物に警戒が付いたところで大して役立たない。これを活かしきれるだけのピックに恵まれるかが課題。

[編集] 土地

5点:ファイレクシアの核/Phyrexia's Core - U
デッキを圧迫しないサクり台。効果は存在を忘れなければいい程度のオマケ。

[編集] 参考

QR Code.gif