刃の接合者/Blade Splicer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Blade Splicer / 刃の接合者 (2)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 工匠(Artificer)

刃の接合者が戦場に出たとき、無色の3/3のゴーレム(Golem)・アーティファクト・クリーチャー・トークン1体を生成する。
あなたがコントロールするゴーレム・クリーチャーは先制攻撃を持つ。

1/1

ゴーレム先制攻撃を与える接合者。

レアだけあって接合者の中でもコストパフォーマンスが高く、トークンだけを見ても3マナ3/3でシングルシンボルとしては充分な性能であり、本体が残っていれば先制攻撃によって戦闘で大いに役立ってくれる。

ゴーレムの部族シナジーを期待せずとも単体で活躍しうる性能を持ち、スタンダードではしばしば採用された。同じブロックの同・同マナ域には強力なライバル、ミラディンの十字軍/Mirran Crusaderがいるが、稲妻/Lightning Bolt紅蓮地獄/Pyroclasm1枚では全滅しないため、火力への耐性ではこちらの方が上である。またクリーチャーが2体並ぶ都合上、同ブロックの装備品とも相性がよく、石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mysticが禁止された後のCaw-Bladeにもしばしば採用された。

モダンでも、親和刻まれた勇者/Etched Championに強く、黒緑系ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veilに耐性がある等の利点から、トリコロールヘイトベアーなどで採用されることがある。修復の天使/Restoration Angelちらつき鬼火/FlickerwispによってCIP能力を使い回すギミックも強力。

ヴィンテージではMUD対策に採用される。磁石のゴーレム/Lodestone Golem高速警備車/Fleetwheel Cruiserと言ったメインアタッカーのタフネスが3なので先制攻撃で一方的に打ち取れるのだ。自身の磁石のゴーレムが恩恵をうけるのも利点。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

新たなるファイレクシアの接合者サイクル。いずれも1/1の工匠であり、3/3のゴーレムアーティファクト・クリーチャー・トークンを生み出すCIP能力と、ゴーレムを支援する能力を持つ。に3枚、に1枚、に2枚存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif