胆液の水源/Ichor Wellspring

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ichor Wellspring / 胆液の水源 (2)
アーティファクト

胆液の水源が戦場に出たか戦場からいずれかの墓地に置かれたとき、カードを1枚引く。


戦場に出たときと戦場から墓地に置かれたときのそれぞれでカード引けるアーティファクト

手札回収する手段や生け贄に捧げる手段と組み合わせて、合わせて2枚以上のドローを狙うのが基本的な運用であるが、それらなしでも最低限2マナで1ドローのサイクリング並の効率でデッキ圧縮でき、かつ手札を減らさず金属術などのためのアーティファクト数に貢献できるため、完全に腐ることはない。孵化計画/Hatching Plansに近いデザインだが、応用力や扱いやすさに幅が生まれたバリエーションと言えよう。

モダンではサニー・サイド・アップで採用されることがあった。アイアンワークスでも採用される。

パウパーではアーティファクトの使い回しや生け贄を主眼においたボロスキティで採用されている。フォーゴトン・レルム探訪後は命取りの論争/Deadly Disputeと組み合わせて親和デッキゴブリン頑強で採用されている。

「一滴でも付着してしまえば、それの油分は有機組織を食らいはじめ、宿主を覆いつくすまで増殖を続けるだろう。」
回収した手記より、ヨーグモス

[編集] 関連カード

これ以降、戦場に出た時と戦場から墓地に置かれた時に同じ能力が誘発する(2)のアーティファクトが何度か現れている。

また、戦場に出た時と離れたときに衝動的ドローをする実験統合機/Experimental Synthesizerもこの一種と言える。

[編集] 参考

QR Code.gif