はらわた撃ち/Gut Shot

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gut Shot / はらわた撃ち (赤/Φ)
インスタント

((赤/Φ)は(赤)でも2点のライフでも支払うことができる。)
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。はらわた撃ちはそれに1点のダメージを与える。


ファイレクシア・マナだけで撃てる1点火力焦熱の槍/Scorching Spear上位互換

マナ支払わずに使用できる軽さは特筆に価するものの、威力は1点と小さいので、タフネス1のクリーチャー除去する専用と考えたい。テンポ・アドバンテージを得たり、インスタント・タイミングで使用して対戦相手プレイングを大幅に狂わせたりできるだろう。

使いどころが極めて限られるため、活躍できるかはその環境にどれだけタフネス1の有力クリーチャーが多いかによるだろう。しかし環境が噛み合ったときには、その影響力はすさまじく大きい。ビートダウンコントロール単色多色、ありとあらゆるデッキで採用しうるため、常にこのカードの存在を意識したプレイングが求められるようになる。

登場当初の採用率はそれほどでもなかったが、イニストラード参入後は状況が一変。まず活躍を見せたのが対白緑ビートダウンで、1ターン目のマナ・クリーチャーという同デッキの黄金パターンを妨害するベく使用された。その後、Delver系デッキが環境に増え始めると、デッキの中核である秘密を掘り下げる者/Delver of Secretsを(変身前であれば)的確に処理できる点から再び採用率が上昇。また、軽いインスタントであることから、これ自体秘密を掘り下げる者との相性が良好であるため、Delver-Go自体にもしばしば採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif