囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sheoldred, Whispering One / 囁く者、シェオルドレッド (5)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) 法務官(Praetor)

沼渡り(このクリーチャーは、防御プレイヤーが沼(Swamp)をコントロールしているかぎりブロックされない。)
あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
各対戦相手のアップキープの開始時に、そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げる。

6/6

の派閥の法務官。毎ターン自分クリーチャー墓地から戦場リアニメイトし、対戦相手のクリーチャーを生け贄に捧げさせる。

7マナ6/6とそれなりのサイズに加え、毎ターンゾンビ化/Zombify残酷な布告/Cruel Edictがタダで唱えられるようなものなので、相当コスト・パフォーマンスはよい。リアニメイト能力というとファッティの一本釣りを狙いたくなるが、無理せずともターン1往復で都合2体分のボード・アドバンテージになるので、極端な編成にしなくとも自然に優位が築けるだろう。

スタンダードでは墓所のタイタン/Grave Titanという強力なライバルの存在によって目立った活躍はしていない。一概に甲乙をつけられるわけではないが、自分の盤面だけを見れば、1マナ軽い戦場に出た時点でアドバンテージが確定、相手やタイミングを問わないなど、タイタンのほうが安定性が高く扱いやすいだろう。シェオルドレッドを使うなら、ファッティやETB能力持ちなど釣り上げる対象が広く応用が効く点と、相手のクリーチャーを縛るボードコントロール力を持つ点を活かしていきたい。

リミテッドでは立っているだけでもりもりボード・アドバンテージを稼ぎ出してくれるのだから凶悪の一言。除去が強い環境なので黒の高タフネスとはいえ長生きできない可能性も高いが、少なくとも戦場に出たターンを生き延びて対戦相手のターンに入りさえすればアドバンテージは五分で済むのもうれしい。戻すクリーチャーがなくてぼんやりしていることがないよう、煙霧吐き/Fume Spitterモリオックの模造品/Moriok Replicaのようなカードも意識してピックしておきたい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

新たなるファイレクシアファイレクシアン法務官サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャーであり、コントローラーに利益を与える能力と、対戦相手に不利益を与える能力を併せ持つ。2つの能力は対称的な効果となっている。

[編集] ストーリー

詳細はシェオルドレッド/Sheoldredを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif