威嚇

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
威嚇/Intimidate
種別 常在型能力
登場セット 多数
CR CR:702.13

威嚇(いかく)/Intimidateは、基本セット2010で制定され、ゼンディカーで初登場したキーワード能力。これは常在型能力回避能力)である。


Accursed Spirit / 呪われたスピリット (3)(黒)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

威嚇(このクリーチャーはアーティファクト・クリーチャーかこれと共通の色を持つクリーチャー以外にはブロックされない。)

3/2

[編集] 定義

威嚇/Intimidateは回避能力である。

威嚇を持つクリーチャーは、アーティファクト・クリーチャーかそれと共通のを持つクリーチャー以外にはブロックされない。

[編集] 解説

基本セット2010発売に伴う総合ルールの更新で追加されたキーワード能力

基本セット2010でこのキーワード能力が書かれたカードは存在しなかったが、近いセットで登場することが告知されており、次のゼンディカーで威嚇を持つ(得る)カードが初めて登場した。威嚇を持つカードはが最も多く、次いでにも多く存在する。

実質黒専用のキーワード能力だった畏怖の改良メカニズムとして常磐木能力のひとつとして追加された。だが畏怖と同じく役に立つかどうかの触れ幅が大きく、多色環境ではデザインとして使いにくい効果であった事もあり、マジック・オリジン威迫と入れ替わりで常磐木から外されてしまった(参考/翻訳)。

  • 過去にはカード名が酷似していて(日本語版は一致)全体に畏怖を与える威嚇/Intimidationが作られている。
  • 威嚇を持つ多色クリーチャーは、アーティファクト・クリーチャーに加え、そのクリーチャーの色を1色でも含むクリーチャーでブロックすることができる(例:白青の威嚇持ちはを含むクリーチャーかアーティファクト・クリーチャーでのみブロックできる)。
  • 無色は色でないため、威嚇を持つ無色クリーチャーはアーティファクト・クリーチャーにしかブロックされない。
  • アーティファクトでない無色のクリーチャー(ウギンの末裔/Scion of Ugin裏向きのクリーチャーなど)は威嚇を持つクリーチャーをブロックできない。
  • 威嚇を持つ攻撃クリーチャーの色が関係するのは、防御プレイヤーがブロックを宣言する時点のみである。ブロックされた後に色が変わったとしても、「ブロックされているクリーチャー」であることは変わらない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif