覇者、ジョー・カディーン/Jor Kadeen, the Prevailer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jor Kadeen, the Prevailer / 覇者、ジョー・カディーン (3)(赤)(白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

先制攻撃
金属術 ― あなたが3つ以上のアーティファクトをコントロールしているかぎり、あなたがコントロールするクリーチャーは+3/+0の修整を受ける。

5/4

新たなるファイレクシア唯一の多色カードである伝説のクリーチャー先制攻撃に加え、金属術達成時には自分の全クリーチャーに+3/+0修整を与える。

構築基準で見ると中途半端な性能。全体強化は悪くはないのだが、クリーチャーを展開しつつ金属術も満たすのは手間がかかるうえ、得られるのはパワー強化のみ。回避能力などを与えてくれるわけではないし、タフネスも増えないため相討ちブロックで凌がれてしまいやすい。これ自身のマナ・コスト対抗色5マナ重いうえ、除去耐性がないため環境に溢れる四肢切断/Dismember喉首狙い/Go for the Throatで対処されやすいのも難点。主軸に据えるには安定性・確実性に欠けるため、鍛えられた鋼/Tempered Steel刃砦の英雄/Hero of Bladeholdの牙城を崩すには至らなかった。

その一方リミテッドでは金属術を達成していなくてもサイズと先制攻撃で主力級の戦力になるうえに、いざ達成すれば大幅な有利を築くことができるため、初手クラスの強さ。白か赤を取れていればタッチしてでも積極的に採用したい。また統率者戦ではマナ・アーティファクトが多用されることから金属術を満たしやすくかつ重さを克服しやすいこと、自身の能力によってパワー8となり統率者ダメージ勝利が狙いやすいこと、対戦相手ライフの合計が120(40点×3人)と多いことから全体強化がより有益であることなど、相対的に有利な条件が多く、(下記のネタ的人気との相乗効果も含めて)一定の人気がある。

[編集] 参考

QR Code.gif