ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tezzeret, Agent of Bolas / ボーラスの工作員、テゼレット (2)(青)(黒)
プレインズウォーカー — テゼレット(Tezzeret)

[+1]:あなたのライブラリーの一番上から5枚のカードを見る。あなたはその中からアーティファクト・カード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
[-1]:アーティファクト1つを対象とする。それは基本のパワーとタフネスが5/5のアーティファクト・クリーチャーになる。
[-4]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはX点のライフを失い、あなたはX点のライフを得る。Xはあなたがコントロールするアーティファクトの数の2倍である。

3

ミラディン包囲戦で再登場したテゼレット狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad同様、ニコル・ボーラスの配下となったことでが加わった。

+1能力
ライブラリーの上から5枚の中から、アーティファクトカードを1枚手札に加える。確実性はないが、毎ターン忠誠度を上げながら手札を増強することができる。2つのマイナス能力の間接的な補助にもなる。
-1能力
アーティファクト1つを永続的に5/5のクリーチャーにする。前のターンからコントロールしているアーティファクトを対象にすれば実質的に4マナ5/5速攻として機能するため、非常に強力。自身を守るブロッカーにもなる。
-4能力
自分のアーティファクトの数の2倍の値の本体ドレイン。最速で戦場に出した次のターンには撃つことができる。この能力だけで勝つにはアーティファクトが10個必要だが、他のダメージソースも合わせれば立派なフィニッシャーとなれる能力である。

すべての忠誠度能力がアーティファクトと関連しているのは旧テゼレットと同様だが、旧テゼレットと違ってこちらは直接的なサーチができないため、デッキ内のアーティファクト・カードの枚数がそれなりに必要となり、構築段階で注意が必要となる。エターナルならばアーティファクト・土地などで枚数を水増ししておきたい。

ミラディンの傷跡ブロックの優良アーティファクトとともに、その名を冠した青黒テゼレットで活躍している。蓄積カウンターを使い切った転倒の磁石/Tumble Magnet太陽の宝球/Sphere of the Sunsなどを-1能力で有効活用できるのは重要な利点。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はテゼレット/Tezzeretを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif