隠れしウラブラスク/Urabrask the Hidden

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Urabrask the Hidden / 隠れしウラブラスク (3)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — 法務官(Praetor)

あなたがコントロールするクリーチャーは速攻を持つ。
あなたの対戦相手がコントロールするクリーチャーはタップ状態で戦場に出る。

4/4

の派閥の法務官自分クリーチャーには速攻を与え、対戦相手のクリーチャーはタップインさせる。サイクル中最軽量

速攻を付与するカードはできるだけ早い段階で戦場に出しておきたいものであり、5マナ重いと言える。しかし自身が5マナ4/4速攻とそれなりのスペックであることも合わせ、ポテンシャルは高い。例えばこのカードから業火のタイタン/Inferno Titanと続けて展開し、すべての攻撃が通れば致死量のダメージとなる。

タップイン能力は召喚酔いの存在から通常のアタッカーシステムクリーチャーに対してはほとんど何もしないものの、ブロックや速攻持ちの攻撃を1ターン遅らせることはできる。ブロッカーの用意を遅らせるブロック制限と考えれば、速攻付与能力とかなり噛み合った攻撃的能力と言える。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

新たなるファイレクシア法務官サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャーであり、コントローラーに利益を与える能力と、対戦相手に不利益を与える能力を併せ持つ。2つの能力は対称的な効果となっている。

[編集] ストーリー

詳細はウラブラスク/Urabraskを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif