ドミナリア/Dominaria

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ドミナリア/Dominariaは、多元宇宙/Multiverseに存在する次元/Planeの1つ。かつてはマジックのストーリーの中心に位置付けられ、多くのセットの舞台となった。

目次

[編集] 解説

多元宇宙の中心となる次元。我々が住む実際の地球によく似た惑星の形をとり、広大な海にさまざまな大陸が存在している。(参考→次元の被覆/Planar Overlayイラスト

ドミナリアという名は「ドミニアの歌」を意味する(ドミニア/Dominiaとは多元宇宙の古い呼び名)。多元宇宙においても非常に特殊な次元で、他の次元と比べて、常に多くの別次元と繋がっているという特徴がある。豊かなマナ資源があり、召喚しやすい多様なクリーチャーがいるため、プレインズウォーカーたちが好んで訪れる理由の一つとなっている。こういった諸事情により、ドミナリアは様々な意味で多元宇宙(ドミニア)の中心的存在になっているのだ。

ドミナリアの1年は420日である。ほとんどの文明圏では1か月を35日、1年を12か月とし、ウルザ/Urzaミシュラ/Mishraの生まれた年を紀元0年とするアーギヴィーア暦/Argivian Reckoningを採用している。気候は地球と大差なく、赤道周は地球の2.5倍もありながら、重力はほぼ1G。これには、惑星の中心に秘密があると言われているが……。

[編集] ストーリー

ファイレクシア/Phyrexia人はドミナリアを乗っ取ろうとしており、4205ARのラースの被覆/Rathi Overlayによってドミナリアは徐々にラース/Rathと重ねられていった。大半の住人はファイレクシア軍によって深刻な打撃を受けた。

侵略から100年ほど経ったAR44世紀には文化はある程度復興してきているようだ。しかし度重なる魔力の暴走(サイリクスの発動、トレイリアの時間実験、ラースの次元転移、カローナ/Karonaの出現による魔力剥離など)によりAR46世紀には時間と次元が混乱している。

[編集] 年表

AR 出来事 小説 エキスパンション
20頃 兄弟戦争が始まる The Brothers' War Antiquities
64 ウルザ/UrzaGolgothian Sylexの力を解き放つ。兄弟戦争終結 ~ ~
Urza's Saga
170頃 サーペイディア/Sarpadia大陸で五つの帝国が台頭   Fallen Empires
300 暗黒時代が始まる The Gathering Dark The Dark
400頃 イス/Ith魔道士議事会/The Conclave of Magesを創設 ~ ~
418 メアシル/Mairsilイス/Ithバールの檻/Barl's Cageに幽閉 ~ ~
430 ジョダー/Jodahイス/Ithを解放 ~ ~
430頃 ティヴァダール/TivadarKnights of Thornを創設 ~ ~
450頃 氷河期が始まる The Eternal Ice Ice Age
550 ラト=ナム大学/College of Lat-Nam見えざる者の学び舎/School of the Unseenに改名 ~ ~
600頃 the Shardが完全に世界を覆う ~ ~
1700 ウルザ/Urzaファイレクシア/Phyrexiaに攻撃を仕掛ける Planeswalker Urza's Saga
2934 虚月の頂上会談が開かれる

[編集] 物理学・天文学的考察

  • ドミナリアの半径は地球の2.5倍ある。すなわち、表面積は地球の6倍以上、体積は15倍以上に達する。
  • 気候が地球と変わらないということは、地軸の傾きが地球とほぼ同じということである。しかし、半径が2.5倍あるため地軸の傾きはそのぶん小さくなる必要があり、恐らくおよそ10度〜15度程度(地球は23.4度)になる。
  • 我々の太陽系と同規模の太陽を仮定するなら、1年が長いということは、公転軌道が地球よりやや外側であるということになる。そのぶん太陽から受け取るエネルギーが小さくなる。天体の大きさが2.5倍あるため、ある程度は軽減されるが、それでもやや地球よりは寒冷化するはずである。気候が同じであるなら、そのぶん太陽の活動が活発である、温室効果が地球より大きく働いているなどの可能性が高い。
  • 惑星のサイズが大きいにもかかわらず、重力がほぼ同じ1Gということは、天体の密度が小さいか、内部が中空になっている可能性を指摘できる。

[編集] 主な地名

[編集] 登場カード

[編集] 参考

QR Code.gif