カマール/Kamahl

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カマール/Kamahlは、オデッセイ・ブロックオンスロート・ブロックのキャラクターであり、両ブロックの主人公の1人。カードとしてはオデッセイピット・ファイター、カマール/Kamahl, Pit Fighterが初出。

目次

[編集] 解説

パーディック山/Pardic出身のバーバリアン(オデッセイ・ブロック)、ドルイド(オンスロート・ブロック)。人間男性。妹ジェスカ/Jeskaとともにドワーフバルソー/Balthorに師事していた。

[編集] カマールの剣

カマールが持つ大剣はスラン鋼製で、バルソー/Balthorからカマールの祖父に友情の印として与えられたもの。もとはウルザ/Urzaが持っていた杖で、ファイレクシア/Phyrexiaとの戦いの後、バルソーが戦利品として手に入れ、彼が刀に鍛え直した。

[編集] カマールの名乗り

小説ではカマールは自己紹介する際に称号のようなものを名乗っているが、ストーリーの展開にしたがってそれはどんどんと長くなっている。

以下はScourgeのクライマックスで、対峙したカローナからの「汝、何者ぞ。カマールとは誰ぞ」との問いに答えたものである。

我は導くもの ― アヴェールーの守護者にして、クベールの導師、ロワーリンの救助者。我は“死のワーム”殺し、クローサの森の勇者、フェイジの兄、ラクァタスチェイナーを屠りし者、パーディック山の闘士 ― そして、ミラーリの宝剣を帯びし者。
  • この戦いの後に、カローナから「ドミナリア/Dominariaの最後の守護者」の呼び名を与えられている。

[編集] エピソード

巨大な剣と炎の魔術を使い多くの勝利を得てきたが、更なる栄光を求めカバル・シティ/Cabal Cityのピット・ファイトにやってくる。その後、ミラーリ/Mirariを求め各地をさすらうも、ピット・ファイトの優勝賞品となったことを知り、カバル・シティに舞い戻る。鎖の武器と召喚術で戦う陰謀団/The Cabal幹部候補生チェイナー/Chainerと手を組み、ピット・ファイトに連勝。その後、ミラーリを手に入れたことで狂気に陥ったチェイナーを破り、ついにミラーリを手にする。それがカマールの剣と一体化する。

パーディック山のバーバリアンらとともにミラーリを守ろうとするが、それはカマールがミラーリの剣の力で仲間を制圧するような独裁的な状態であった。それを防ぐため、妹のジェスカはカマールからミラーリを取り上げようとするが、その過程でカマールとジェスカは激しく戦闘を行うこととなり、カマールはミラーリ剣でジェスカの腹を貫通させ、致命傷までに傷つけてしまう。それに反省したカマールは、クローサ/Krosaの森に篭り修行。ミラーリの呪縛から解き放たれる。陰謀団の女帝フェイジ/Phageとして変わり果てたジェスカを元に戻すべく、イクシドール/Ixidorらとともにその元に向かう。そして、主を見失い暴走したアクローマ/Akromaとフェイジの融合した邪神カローナ/Karonaを打ち倒すことに成功するのであった。

ミラーリをプレインズウォーカーカーン/Karnが回収した後、彼は戦乱の終わったオタリア大陸を復興すべく旅に出る。

時のらせんではカマール教/Kamahliteなる宗教が出ている。彼のドルイドとしての教えが後世に伝わった形であろう。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

オデッセイ
カマールの願望/Kamahl's Desire
トーメント
カマールの大鎚/Kamahl's Sledge
オンスロート
カマールの召喚術/Kamahl's Summons

[編集] イラストに登場

オデッセイ
カマールの願望/Kamahl's Desire
ジャッジメント
怒鳴りつけ/Browbeat限界点/Breaking Point
オンスロート
帰化/Naturalize生命の律動/Biorhythm
スカージ
湧出/Upwelling
アンヒンジド
Rocket-Powered Turbo Slug

[編集] フレイバー・テキストに登場

オデッセイ
熱砂/Burning Sands大量破壊/Decimate栄光の代価/Price of Glory砂岩の落としわな/Sandstone Deadfall
トーメント
頑強なるバルソー/Balthor the Stout壊滅的な夢/Devastating Dreamsハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull頭焼き/Skullscorch
ジャッジメント
血まみれ牙の炎獣/Goretusk Firebeast熟達の戦士ジェスカ/Jeska, Warrior Adept
オンスロート
呪われたケンタウルス/Accursed Centaur、生命の律動/Biorhythm、エルフの開拓者/Elvish Pioneer過酷な慈悲/Harsh Mercy、カマールの召喚術/Kamahl's Summons、部族の団結/Tribal Unity
レギオン
種子生まれの詩神/Seedborn Muse
スカージ
湧出/Upwelling
第10版
魔力のとげ/Manabarbs

[編集] カマール教

「Kamahlite」とは、「カマール教の、カマール教徒」の意。カマールの時代から300年後、AR46世紀に活動するカマールの信奉者。クローサの森は荒廃してしまっているが、カマールの教えを伝え続けている。

カマール教のドルイド、ジド/Zyd, Kamahlite druidという人物がカードに登場している。

カマール教徒の登場カード(いずれもフレイバー・テキスト
クローサの掌握/Krosan Grip腐れ落ち/Molder反復/Reiterate

[編集] 参考

QR Code.gif