点火するものデアリガズ/Darigaaz, the Igniter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Darigaaz, the Igniter / 点火するものデアリガズ (3)(黒)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon)

飛行
点火するものデアリガズがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたは(2)(赤)を支払ってもよい。そうした場合、色を1色選ぶ。その後、そのプレイヤーは自分の手札を公開し、点火するものデアリガズはそのプレイヤーに、これにより公開されたカードのうち選ばれた色のカードの枚数に等しい点数のダメージを与える。

6/6

インベイジョン伝説のドラゴン戦闘ダメージを与えると、対戦相手手札にある選んだカードの数だけダメージを与える。

サイクルの他4種と比較すると、アドバンテージを稼いで戦場を制圧することはできないが、ライフを直接削っていくためパンチ力は最も高い。20点を削るのに、ほかの4種類が通常4回の攻撃が必要なのに対し、デアリガズは2回か3回で十分。有難いことに、インベイジョン・ブロック期は多色カードが多かったため、適当に指定しても高確率でヒットした。この手の色指定カードは多色デッキ相手だと効果が低くなりがちだが、環境に救われたと言える。

とはいえ、サイクルの中では復活させるものトリーヴァ/Treva, the Renewerと並び活躍の機会は少なかった方である。初期型のファイアーズマシーンヘッドで3色目をタッチして採用している例がちらほらあったが、続くプレーンシフトアポカリプスでほかにも大型クリーチャーの選択肢が増えてからはあまり見かけなくなった。特に魂売り/Spiritmongerの登場は最大の逆風だった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

5それぞれに対応したインベイジョン伝説のドラゴン、Primeval Dragonのサイクル。対応する色を含む3マナ能力を持ち、マナ・コストはその色と友好色の計3色を必要とする。

インベイジョンプレーンシフトデアリガズ/Darigaazカード名に冠するサイクル

他のPrimeval Dragon(原始ドラゴン)と異なり、デアリガズにだけ「~の息/Breath of …」というカードが存在する。

次元の混乱の3色の伝説のドラゴンサイクルマナ・コストは1つのを中心とした対抗色を必要とし、中心の色を含む3マナの能力を持つ。
統率者にも1枚ずつ収録され、統率者用の大判統率者カードも作られた。

[編集] 参考

QR Code.gif