フォールン・エンパイア

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
フォールン・エンパイア/Fallen Empires
シンボル 王冠
略号 FE, FEM
発売日 1994年11月15日
セット枚数 全102種類(イラスト違いを含めると187種類)

フォールン・エンパイア/Fallen Empiresは、5番目のエキスパンション1994年11月15日に発売された。意味は「滅亡した帝国群」。

目次

[編集] 概要

暗黒時代と同時期(時代設定は170AR頃)に、南の大陸で起こったサーペイディア諸帝国の滅亡を題材に描いたセット。

セットの方針は小型クリーチャー(含むトークン)が大量に現れるような環境種族部族)でテーマを合わせた最初のセットだが、全体としてのカードパワーは非常に弱くなっており、構築では限られたカードだけが使われていた。その限られた強いカードもほとんどコモンだったので、必要な枚数のカードを揃えるのがたやすく、あまり売れ行きは伸びなかった。

前の2つのエキスパンション、レジェンドザ・ダークが発売直後から生産過少でプレミアがついたことから生産数を増やしたということと、前述の需要の少なさもあり在庫過剰の状態となり、長期間にわたり定価以下の価格で叩き売りされていた。

前述の需給状況もあってか、すでに多言語展開が始まっていた中では珍しく他言語での発売もされなかった。

有名なカードはトーラックへの賛歌/Hymn to Tourachゴブリンの手投げ弾/Goblin GrenadeHigh TideOrder of the Ebon HandOrder of Leitburアイケイシアの投槍兵/Icatian Javelineersなど。

  • ホビージャパンが1994年11月に開催した「第1回マジック・ザ・ギャザリング コンベンション」では当日ロビーで発売されたフォールン・エンパイアがいきなり使用可能だった。当時はインターネットなども普及しておらず、発売前にスポイラーリストが出回るなんてこともなく、フォールン・エンパイアのカードを把握するためジャッジが会場で必死にトレードをし、カードを集めていたという逸話がある。それらを基にジャッジ陣がその場制限カードを制定したというが、現在ではとても考えられない。DCIが組織される以前の時代の逸話である。
    • ちなみにその制限カードはRaiding PartyRainbow Vale。Rainbow Valeの場合、当時のスリーブコレクション用のものばかりで大会の使用に適した製品がなかった。このためほとんどのプレイヤーがスリーブを使っておらず、複数枚のRainbow Valeがデッキに入ると、どちらがオーナーのカードかわからなくなるという問題が懸念されたため。
    • 東京地区では大会に合わせ当日販売されたが、すでに他の地区では数日前に販売されていた。そこで鶴田慶之は北海道の友人にフォールン・エンパイアのBOXを3箱空輸してもらい、レアリティなどのカード情報を事前に入手していたそうだ。

ビニール製のブースターパックとしては最後のセット。

[編集] レイアウトの変更点

カードレイアウトの変更が行われている。

[編集] デザイン

デザイン&開発チーム Skaff Elias (lead)
Jim Lin
Dave Petty
貢献 Chris Page
アート・ディレクター Sandra Everingham

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif