マダラ帝国/Madaran Empire

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マダラ帝国/Madaran Empire(またはEmpire of Madara)はかつてドミナリア/Dominariaの群島に存在していた帝国。レジェンドを題材とした小説の舞台となった。

目次

[編集] 概要

マダラ帝国には日本名(やそれに近い名)が多く伝わっており、これは同地に存在する鉤爪の門により繋がった別次元神河/Kamigawaから人の往来や、文化的な影響があったものと思われる。(→梅澤俊郎

[編集] 歴史

マダラ帝国の地はとある戦士の女王によって発見され、青黒赤マナに恵まれた土地だったとされる。それに目をつけたニコル・ボーラスの侵略を受け、女王が倒された結果、ボーラスが皇帝として君臨することとなる。

ボーラスの支配は400年ほど続いたとされるが、大将軍竜公マーホルト/Marhault Elsdragon、暗殺組織の首領ラムセス・オーヴァーダーク、筆頭守護テツオ・ウメザワの3人が大きく歴史を動かすこととなった。 帝国内における自身の権力拡大を画策したラムセスは政敵マーホルトを暗殺し、テツオ・ウメザワに濡れ衣を着せ帝国軍を掌握する。ボーラスにより「帝国摂政(imperial regent)」に任命されたラムセスはその地位を不動のものとし、テツオ・ウメザワの暗殺をも計画する。しかしテツオ・ウメザワは魔の手をくぐりぬけラムセスを倒し、帝国を支配する皇帝ボーラスを討ち取ったのだった。

[編集] 地理

マダラ帝国はジャムーラ/Jamuraa西方の群島の中で、最も大きい島に存在していた。青黒赤のマナが特に集中する内陸部にはボーラスの神殿が存在し、東部には山脈が連なり、西部には海岸線が広がっている。

  • オーヴァーダークの砦/Dark's Keep - 西部の海岸近くに建設されたラムセスの本拠地。川と沼地に囲まれていたが、テツオ・ウメザワの命を受けたボガーダン/Bogardanの紅蓮術師コロー・メハ/Kolo Mehaによって破壊された。
  • セカナ村/Sekana - 南西部に位置する漁村。テツオ・ウメザワとの取引により、女王ワシトラがこの地の守護者となった。
  • 鉤爪の門/Talon Gates - セカナ村の沖合い近くに存在する、ボーラスの残したポータル/Portal
  • ペラダ村/Pelada - 西海岸に面している漁村。ここの干物は女王ワシトラのお気に入りのようである。
  • 梅澤家の荘園/Umezawa Manor - 梅澤家で代々受け継がれてきた荘園。

[編集] 訳語

公式訳のものが多くない為、名称、地名などは当記事独自の私訳となっている。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバーテキストに登場

統率者2017
ネコルーの女王、ワシトラ/Wasitora, Nekoru Queen

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif