フレイアリーズの世界呪文/Freyalise's World Spell

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

フレイアリーズの世界呪文/Freyalise's World Spellアイスエイジのストーリーの最後を飾った大儀式。

「Worldspell」や「World-Spell」とも表記される。フレイアリーズの名を冠しないことも多い(その場合は「世界呪文/the World Spell」など)。

目次

[編集] 解説

2934AR(アイスエイジの最後の年)にフレイアリーズ/Freyaliseが執り行った、the Shardの破壊および氷河期終止を目的とした儀式。これによってドミナリア/Dominariaの氷河期は終わり、雪解けの時/The Thawつまりは花の時代(the Age of Flowers)、嵐の時代(the Age of Storms)あるいは洪水の時代(the Age of Flood)を迎える。

この儀式は、クリスティナ/Kristinaの提案と、ジョダー/Jodahrogue plane(はぐれ次元)に関する研究に着想を得て、フレイアリーズが考案したもの。その仕組みとは、氷の大釜ジョダーの鏡を用いて、兄弟戦争Golgothian Sylex(ゴーゴスの酒杯)と同等の強大な力を発生させ、テリシア/Terisiare中に出入り口を持つジョダーの隠れ家/Safe Havenを謂わば圧力弁として余剰な力を拡散させるとともに、各地にその影響を広げさせる、という大掛かりなものであった(柏槙教団/Juniper Orderドルイドの少女ケイサ/Kaysaの能力が大きな役割を果たしたともされる。下記参照)。

儀式に参加もしくは立ち会った者は、フレイアリーズ、柏槙教団(ケイサ、コールビーヨーン/Kolbjorn含む)、フィンドホーン・エルフレイナ/Laina含む)、ディサ/Disaキイェルドー騎士の一部(Zaraya(ザライア)Kailo(カイロ)Bolar(ボーラー)Xian(シーアン)含む)、ヤヤ・バラード/Jaya Ballard、ジョダー、クリスティナ、テイザー/Taysirケルシンコ/Kelsinkoの住人、バルデュヴィア/Balduvia人の一部(The Marked Ones(印持つ者の一族)含む)である。

また、フレイアリーズはテヴェシュ・ザット/Tevesh Szatの妨害を未然に防ぐため、儀式に先立ってジェウール・カルサリオン/Jaeuhl Carthalionを立ち向かわせている。

[編集] コンボ

アメコミ巻末の解説によると、草原のドルイド僧/Ley Druid(何故かJuniper Order Druidではない)となったケイサに麻痺/Paralyzeエンチャント繁茂/Wild Growth4枚付の森/Forestを何度もアンタップするコンボで膨大なマナを生み出し、Ice Cauldronによって巨大な命の川/Stream of Lifeをかけたとされている。

  • 麻痺/Paralyzeのオラクル変更により、現在はこのコンボはできなくなっている。
  • かつては同コンボでX=100万点の命の川/Stream of Lifeというネタもあった。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

コールドスナップフレイバー・テキストに登場)
クロヴの霧/Krovikan Mistタマノーア/Tamanoaゾンビの犬ぞり乗り/Zombie Musher

[編集] 登場作品

[編集] 参考

QR Code.gif