ダッコン/Dakkon

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

名刀鍛冶で戦士の男性ダッコン/Dakkonは、プレインズウォーカー/Planeswalkerガイヤドローン・ディーハダ/Geyadrone Dihadaの依頼で、”黒き剣/Blackblade”を鍛造する。その報酬はプレインズウォーカーの能力。約束の10年が過ぎ、剣を受け取ったディーハダはダッコンをプレインズウォーカーとするが、同時に剣の力で魂を奪う。魂を失い影の戦士となったダッコン(彼自身には影ができない)は、ディーハダに復讐するため力を蓄える。

後に同じくディーハダに復讐を誓ったCarth(カース)によって、古代ドミナリア/Dominariaコロンドール/Corondorに召喚される。Amulet of Ti-fu(ティ=フの護符)の呪いで、不本意ながらもカースと共同戦線を張ることになる(このときにプレインズウォーカーの能力を失ってしまう)。

ディーハダの差し向ける手下、マンティコアルエル/Rhuellを破り、ソルカナーから”黒き剣”を取り返す(影もできるようになる)と、エルダー・ドラゴン/Elder Dragonのピルー/Piruを剣で刺し殺す。ディーハダを後一歩まで追い詰めるが、逆に下僕となる契約を結ばされてしまう(ただし、カースの寿命が尽き、ティ=フの護符の束縛から解放されるまで、ディーハダの支配から自由である)。

いまでは奇妙な友情で結ばれたダッコンとカースの二人はコロンドールを離れテリシア/Terisiare大陸へと船出して行った。

[編集] 黒き剣

黒き剣/Blackbladeはディーハダがダッコンに作らせた魔剣。

鍛え上げるのに10年を要し、鍛造中は奴隷の肉体に突き刺して冷却された。 殺した相手の魂を吸い取る力がある。ディーハダはダッコンの影をこの剣で貫き魂を奪う。

ディーハダはソルカナーにこの剣を授けるが、真の力を引き出せてはいなかった。ダッコンは、ゴルソノアのディーハダとの戦いでソルカナーからこの剣を奪い返す。

その経緯は不明だが、ダッコンが敗北した際にこの剣は失われたという。遥か未来(AR46世紀よりも後の時代)には、この黒き剣はコーラシュ/Korlashというアンデッドの戦士に受け継がれている。

ドミナリアの物語では、失われていた黒き剣は再鍛されベルゼンロック/Belzenlokの手に渡っている。

[編集] 登場カード

[編集] 参考

QR Code.gif