Summit of the Null Moon

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Summit of the Null Moon虚月の頂上会談)は2934AR虚月/Null Moon上で開かれた、Faralyn(ファラリン)によって召集されたプレインズウォーカーによる頂上会談。

  • Summit of the Shard(シャードの頂上会談)、Treaty of the Shard(シャード協定)とも。

シャード/The Shardによって囚われたプレインズウォーカー同士の関係についての再考、および氷河期の終止とシャードの破壊を目的とした議論が行われる。しかし会議は空転。もとより因縁浅からぬ出席者同士、自然と殺し合いが始まってしまう。

出席者はファラリン、テヴェシュ・ザット/Tevesh Szatレシュラック/Leshracフレイアリーズ/Freyaliseクリスティナ/Kristinaそしてテイザー/Taysirの6人のプレインズウォーカーと、ファラリンに仕えるRavidel(ラヴィデル)Rhuell(リューエル)の2名。

この会談の29日後に、フレイアリーズの世界呪文/Freyalise's World Spellがシャードの束縛を破壊する。

[編集] 参考

QR Code.gif