ティヴァダール/Tivadar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ソーンのティヴァダール(Tivadar of Thorn)ザ・ダークのキャラクター。後に時のらせんカード化された。

目次

[編集] 解説

暗黒時代テリシア/Terisiare大陸の英雄。男性。この時代、テリシア大陸の人類社会への脅威となっていたゴブリンに対して、大規模な討伐を行ったことで知られている。

小説The Gathering Darkでは、都市国家同士の戦いに心を痛め、ゴブリンの脅威に一致団結してあたるべきだと考えるThorn(ソーン)出身の少年兵として登場。都市国家の軍勢がゴブリン軍の奇襲を受け大敗を喫したBattle of Pitdown(ピットダウンの戦い)にも参戦している。

その後、ゴブリン族の根絶に専念したKnights of Thorn(ソーン騎士団)を創設し、その騎士団長となる(The Legends of Time Spiral参照)。

著書に「ゴブリン戦史(History of the Goblin Wars)」がある。

  • イス卿バール/Barlが同一人物とみなされていた頃のかつてのストーリーでは、イス卿の後援を受けてゴブリン討伐を行ったとされていた。

[編集] 時のらせん

ゴブリンとの戦いの最中、時の裂け目を潜り抜け、AR46世紀の未来に現れている。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] 登場作品

[編集] 訳語

「Tivadar of Thorn」は、第4版士気高揚/Moraleのフレイバー・テキストで「茨の騎士ティヴァダール」と訳されているが、「騎士」に該当する語がなく、「Thorn」は地名であるため、ここでは「ソーンのティヴァダール」とした。「Thorn」の訳についてはこちら。また、「History of the Goblin Wars」は「ゴブリン戦史」と訳されている。

時のらせんでは、ついにカード化。第4版を踏襲して「茨の騎士ティヴァダール」と翻訳されている。

[編集] 参考

QR Code.gif