ウェザーライト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ウェザーライト/Weatherlight
シンボル 本(スランの秘本/Thran Tome
略号 WL, WTH
コードネーム Mochalatte
発売日 1997年6月9日
MO:2007年12月12日
セット枚数 全167種類

ウェザーライト/Weatherlightは、ミラージュ・ブロックの2番目の小型エキスパンション1997年6月9日に発売された。

目次

[編集] 概要

ブロック制をとるために、元々は前後編だったミラージュビジョンズに急遽付け足す形で製作された。そのため、前2作とはデザインやイラストの雰囲気など、ややブロックの統一感に欠ける。

ストーリーはビジョンズで完結していたため、次回作(テンペスト)に使う予定だった物語の序盤部分を抜き出して利用した。具体的には、今までのカードセットに登場したドミナリア/Dominaria各地を巡る物語になっており、アポカリプスまで続くウェザーライト・サーガの記念すべき第1作目でもある。背景ストーリーのドラマが強くカードに反映されるようになった(一か八か/Desperate Gambitから恩義/Debt of Loyaltyなど)。

このセットで登場した有名なカードは、浄火の鎧/Empyrial Armorジェラードの知恵/Gerrard's Wisdom中断/Abeyance知恵の蛇/Ophidian生き埋め/Buried Aliveいかづち/Thunderboltガイアの祝福/Gaea's Blessing宝石鉱山/Gemstone Mineなど。墓地というリソースに注目したセットで墓地絡みのカードが多いが、単純な再利用の強さが認識されていたためか軒並み制限が強い。それの影響というわけではないだろうが、「非常に強力」といえるカードもあまり多くない。その代わり各種デッキを支える有用なカードが多いセットであった。

また、バンド生息条件が収録された最後のエキスパンションでもある。累加アップキープもこのセット以降コールドスナップが登場するまで収録されなかった。キャントリップがすぐにカードを引くようになったのもこのセットから。

[編集] テーマデッキ

テーマデッキはMagic Onlineでのみ発売された。

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif