神河/Kamigawa

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

神河/Kamigawaは、多元宇宙/Multiverse次元/Planeの1つ。戦国時代の日本の雰囲気を持った次元であり、神河ブロックの舞台。

神河には、物質と定命の者が住む現し世/Utsushiyoと、神/Kamiの住む隠り世/Kakuriyoの2つの世界が存在する。人々は、自然や物質など万物に宿る「神」を崇め、共存して暮らしていた。

しかし、突如として神々や精霊達は住人に牙をむき始める。それが「神の乱/Kami War」である。

  • 本来日本の精霊主義にはいないはずの絶対神や最高神かのような神がいたり(→ 大口縄/O-Kagachi、といっても古事記中にも天之御中主神という類する代物はいるのだが)、実際の中世日本では存在しないはずの女性のがいたりと、ゲームとして機能させるためか、かなりアメリカンスタンダードな解釈となっている。
    • 本来感謝の対象である神々が人間に牙を剥く、という構図は神河次元でも異常事態である。その真相は物語中盤で明らかになった。
  • アメリカでは発音の感覚から「神奈川ではないか」といわれたことがあるが、違う。WotCは「架空」の地名だと言い切っている。たしかに神河物語が発売された当初、そのような地名は存在していなかったが、現在では、神河という地名は実在する(正確には「かみかわ」で)。これは2005年11月の市町村合併に伴って新しく誕生した地名であり、マナバーン誌の読者投稿欄にも掲載された。
  • この次元出身のプレインズウォーカー/Planeswalkerタミヨウ/Tamiyoがいる。

目次

[編集] 地理

[編集] 登場カード

[編集] 関連ページ

[編集] 参考

QR Code.gif