エルフェイムのドルイド/Elfhame Druid

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


用途が自由な緑マナ1点か、用途がキッカーされている呪文限定の緑マナ2点を生み出せるマナ・クリーチャー

普通のマナ・クリーチャーとしても使えるが、2マナ0/2という苗木などを受け止めるのが精一杯なマナレシオを鑑みると、やはりキッカーを主体にしてこそのカードである。キッカーされた呪文ならば土地と合わせるだけで3ターン目に5マナを捻出することができるため、灰からの成長/Grow from the Ashes荒々しいカヴー/Untamed Kavuなどと相性抜群。適切な色マナさえ揃えられれば、2ターン目にこれ→3ターン目にキッカー込み灰からの成長+2体目のこれと展開することで、4ターン目にリッチの騎士、ジョス・ヴェス/Josu Vess, Lich Knightをキッカー込みで唱えることすらできる爆発力を誇る。

問題はやはりマナレシオの低さと、2マナはキッカーされた呪文にしか使えないという用途の狭さか。これを使うならある程度キッカーに寄せた構築を行いたいが、ショック/Shockなどで容易く落ちてしまうためあまりこれに依存しきれないというジレンマを抱えている。またキッカーを持つ呪文であってもキッカーしていない場合は2マナを使えないため、キッカー込みであまりに高いコストの呪文だとこれによるマナ加速だけでは足りない恐れがある。ある程度他のマナ加速手段も併用し、ランプ気味に動いてキッカーを狙っていく形になるか。

リミテッドではキッカーを使わなくとも貴重なマナ加速手段であり、キッカー呪文を多く採用したデッキならば是非とも採用したい一枚。構築ではキッカー主軸のランプが成立すれば採用の目はあるが、より汎用性が高く軽いラノワールのエルフ/Llanowar Elvesの存在が気がかり。

[編集] 参考

QR Code.gif