イトリモクの成長儀式/Growing Rites of Itlimoc

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Growing Rites of Itlimoc / イトリモクの成長儀式 (2)(緑)
伝説のエンチャント

イトリモクの成長儀式が戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚見る。あなたはその中からクリーチャー・カード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
あなたの終了ステップの開始時に、あなたがクリーチャーを4体以上コントロールしている場合、イトリモクの成長儀式を変身させる。

Itlimoc, Cradle of the Sun / 太陽の揺籃の地、イトリモク
伝説の土地

(《イトリモクの成長儀式/Growing Rites of Itlimoc》から変身する。)
(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。
(T):あなたのマナ・プールに、あなたがコントロールしているクリーチャー1体につき(緑)を加える。


かのガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle変身する伝説のエンチャント自然との融和/Commune with Natureに似たCIP効果を持つ。

変身条件は4体以上のクリーチャーコントロールしている状態で終了ステップを迎えるというもの。これ自身の3マナという絶妙な重さもあって、普通のデッキでは変身までこぎ着けるのは中々骨が折れる。トークン戦術と組み合わせたり、エルフのような展開力のあるデッキで運用するのが望ましいか。

変身後の爆発力はもちろん折り紙つき。変身した段階で4マナが出るわけで、クリーチャーの数を維持できれば次ターンから大量のマナで圧倒できるだろう。変身した返しにカウンター英雄的介入/Heroic Interventionを構えられればまさに磐石。

スタンダードでは絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger等強力な大型クリーチャーを擁する戦乱のゼンディカーブロックが入れ替わりで落ちてしまったのがやや残念なところ。とは言え次元橋/Planar Bridgeサンドワームの収斂/Sandwurm Convergenceなど重く強力なカードはまだまだ残っているので、派手なカードが好きなティミープレイヤーには是非挑戦してもらいたい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イクサラン伝説の両面カードサイクル。いずれもレア

第1面伝説のエンチャントで、その能力に関連した条件を満たすことで変身する。

第2面伝説の土地で、対応するマナを生み出すマナ能力ともう一つの起動型能力を持つ。

[編集] 参考

  1. *こちらマジック広報室!!:11月24日(金)はブラックフライデー!? 『イクサラン』の宝箱キャンペーン開始!(2017年11月10日)
QR Code.gif