プレミアム・カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プレミアム・カード/Premium Cardは、ウルザズ・レガシーから登場した、光沢を出す箔押し加工を施した光っているカード。Foilフォイル)と呼ばれることが多い。また、キラカード、箔押しカード、光り物などと呼ばれることもある。

  • Foilは金属の薄片、箔の意。アルミホイルの「ホイル」と同じ。発音から間違われやすいが、Hoilではない。
  • ここでは撃退/Foilとは関係ない(Foilには「失敗させる、打ち負かす」という意味もある。なんだかややこしい)。

[編集] 解説

トーナメントでの使用は問題がある場合がある(後述)ため、どちらかと言うとトーナメントでの使用よりもコレクション的要素が強く、そのため強力なカードよりもイラストの美しいカードの方が高価となることが多い。特に天使は美麗なイラストが多く、コレクターも多いので、トーナメントレベルではないレアの天使のプレミアム・カードがトーナメントにおけるトップレアのプレミアム・カードよりも高価となることがよくある。

ブースターパックに封入されている割合は、ウルザズ・レガシーからオデッセイまでは100枚に1枚、トーメント以降は70枚に1枚(第10版のみ56枚に1枚)、アラーラの断片より67枚に1枚(コンパクトブースターでは74枚に1枚)となっている。購入したパックに封入されている以外にも、フライデー・ナイト・マジックの賞品やジャッジ褒賞によりさまざまなプレミアム・カード仕様のプロモーション・カードが配布されている。

  • 以前のプレミアム・カードは内枠のみが箔押し加工されており、ルール文章下部に流星マーク(ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社のロゴ)があった。現在のものはイラスト部も光っており流星マークもなくなった。
  • エキスパンションによっては、1つのパックに2枚以上のプレミアム・カードが入っていることもある。
  • 材質的に傷が付きやすく、目立ちやすい。特に初期の頃のものは、製造時のこすれ傷や気泡なども多いため、完全美品は少ない。
  • プレーンシフトにはプレミアム版のみイラストが違うものがある。また、それらは通常のイラストでのプレミアム・カードも存在する。詳細はプレーンシフトの項を参照のこと。
  • 銀枠のものを除き、全てのプレミアム・カードは黒枠で刷られている。
  • 第10版のプレミアム・カードは、本来あるべき注釈文がすべて省略されている。その中には、プレミアム・カード限定のフレイバー・テキストをもつものも存在する。
  • アラーラの断片の日本語版ではプレミアム・カードと普通のカードの製造工程が違うのか、文章欄のすべての数字が半角で印刷されている。またカードによっては、プレミアム・カードと普通のカードでカード名やフレイバー・テキストが異なるものが数多くある。
  • かつて、プレミアム・カードは再録禁止カードの適用外であった。そのため、プロモーション・カードとして再録禁止カードが配布されたこともあった(例:2007年のジャッジ褒賞のヨーグモスの意志/Yawgmoth's Willなど)が、相次ぐ再録禁止カードのプレミアム・カード化収録(デュエルデッキFrom the Vaultなど)が問題視され、2011年以降はプレミアム・カードのみによる再録も行われないと改訂された。
  • トーナメントで人気のあるカードの日本語版のプレミアム・カードは異常な高値で取引される傾向がある。

[編集] マークドの可能性

プレミアム・カードは、通常のカードと同じようにゲームで使用できる。しかし、プレミアム・カードには独特の反りが発生しやすいことから、プレミアイベントなどではマークドを疑われるという問題を引き起こすことがある。

反りが発生している状態のカードをデッキに入れると、たとえ固めのスリーブに入れていても曲がっているのが一見で分かり、外部から容易に区別がつくようになってしまう。「ある1種類のカードのみがプレミアム・カード」などといった場合は特にマークド扱いされやすい。

プレミアムであるカードに規則性を持たせない(様々な種類のカードにバラけさせる)ようにしたり、可能であれば全てプレミアム・カードに統一すればマークドを疑われる心配は少なくなるが、同じプレミアム・カードでも反り具合が違う場合もあるので、ベストはプレミアムでないカードのみでデッキを作る事である。

  • プレミアム・カードが反り返ってしまう原因としては、表面と裏面では加工により吸湿率に差があり、箔押しの面と箔押しでない紙の面で面積が異なってしまうことが挙げられる。特に湿度の高い日本では反りが顕著になりやすい。
    • 両面カードのプレミアム・カードは両面が箔押しの加工をしてあるので、これにより反り返ることがない。

[編集] 参考

QR Code.gif