一徹

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

一徹(いってつ)/Adamantは、エルドレインの王権で登場した能力語


Slaying Fire / 殺戮の火 (2)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。殺戮の火はそれに3点のダメージを与える。
一徹 ― この呪文を唱えるために赤マナが3点以上支払われていたなら、代わりにこれは4点のダメージを与える。



Henge Walker / ヘンジを歩く者 (3)
アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

一徹 ― この呪文を唱えるために同じ色のマナが3点以上支払われていたなら、ヘンジを歩く者は+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。

2/2

[編集] 解説

エルドレイン/Eldraineの5つの宮廷が掲げる美徳に身を捧げることを表したメカニズム。その呪文唱えるコストとして、その呪文の色マナ(無色アーティファクトの場合は同じ色マナ)を3つ以上支払うことで効果を発揮する能力を示す。

エルドレインの王権では全色と無色のアーティファクトに存在し、コモンに2つのサイクルアンコモンに1つのサイクルが存在する。レア以上には存在しないが、フレーバー的にはトリプルシンボル指導者サイクルがその役を担っており、一徹とはされていないが7つ以上赤マナを支払うことで強化される切り離す一撃/Sundering Strokeが存在する。

[編集] ルール

  • 義賊/Robber of the Rich欲深い衝動/Covetous Urgeなどの「任意のマナを望む色のマナであるかのように支払う」効果は、実際にマナの色を変えているわけではない。一徹は実際に支払われたマナの色を参照する。
  • スタック上の一徹呪文がコピーされた場合、そのコピーを唱えるために支払われたマナは存在しないので一徹が効果を発揮することはない。

[編集] 参考

QR Code.gif