宿根

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

宿根(しゅっこん)/Undergrowthは、ラヴニカのギルドで登場した能力語自分墓地クリーチャーカードの数を参照して効果が増す能力を示す。


Necrotic Wound / 壊死性の傷 (黒)
インスタント

宿根 ― クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-X/-Xの修整を受ける。Xは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードの枚数に等しい。このターン、そのクリーチャーが死亡するなら、代わりにそれを追放する。



Kraul Harpooner / クロールの銛撃ち (1)(緑)
クリーチャー — 昆虫(Insect) 戦士(Warrior)

到達
宿根 ― クロールの銛撃ちが戦場に出たとき、あなたがコントロールしておらず飛行を持つクリーチャー最大1体を対象とする。ターン終了時まで、クロールの銛撃ちは+X/+0の修整を受ける。Xは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードの枚数に等しい。その後、あなたは「クロールの銛撃ちはそのクリーチャーと格闘を行う。」を選んでもよい。

3/2

[編集] 解説

ゴルガリ団/The Golgari Swarmが死体を活用することを表したメカニズム。ゴルガリ団の色であるに存在する。常に墓地を気にする必要が無いように、宿根能力はすべて単発的に墓地を参照する効果となっている。

ラヴニカのギルドの黒と緑には、宿根そのものを持つカードと一緒に手札のクリーチャー・カードを捨てたりライブラリー削るカードが収録されている。ディミーア諜報とも相性はよい。

[編集] その他

  • "Undergrowth"とは下生え(木の下に生えている草や低木)のこと。同名のカードが存在する(→Undergrowth)が、特に関連性はない。
  • 「宿根(草)」とは、多年草のうち生育に適さない時期には地上部分が枯れて根が休眠状態になり、それを過ぎると再び発芽して育つもののこと。また、仏教用語で、前世から持っているとされる能力や素質のこと。

[編集] 参考

QR Code.gif