ゴチ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ゴチ/Gotcha!は、アンヒンジドのみに存在する能力語であり、かつてはキーワード能力であった。


Save Life (白)
インスタント

以下の2つから1つを選ぶ。
「プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは2+1/2点のライフを得る。」「クリーチャー1体を対象とする。このターン、それに次に与えられるダメージを2+1/2点軽減する。」
ゴチ ― 対戦相手1人が「助け(る)。」か「ライフ。」と言うたび、あなたは「ゴチ!」と言ってもよい。そうした場合、Save Lifeをあなたの墓地から手札に戻す。


[編集] 解説

特定の条件を満たしたときに「ゴチ!」と言うと、そのカードを墓地から手札に戻すことができる誘発型能力を表す。

ゴチの誘発条件はいずれも対戦相手の行動となっている。つまり、相手は条件を満たさないように注意をはらって動く必要があり、また自分は相手に合わせて「ゴチ!」と素早く叫べるようにしていなければならないというわけである。

[編集] ルーリング上適正な「ゴチ!」のなり方

  • 「ゴチ!」は誘発型能力なので、誘発した(誘発条件が発生した)後、いずれかのプレイヤー優先権を得たときにスタックに乗る。
  • 「ゴチ!」と発声するのは、その誘発型能力の解決時。
    • 「ゴチ!」に対応して何かがスタックに積まれたら、それの解決まで「ゴチ!」を待つことになる。
    • 誘発型能力がスタックに乗る前に「ゴチ!」と言っても、ゲーム上の意味は無い。……ということではあるのだが、銀枠カードを使って遊ぶときに、そのようなことを言い立てるのはマナーに反すると言われても仕方がない。「ゴチ!」というのが多少早すぎたからと言って、カードを墓地から戻すのを認めなかったり、ジャッジを呼んで裁定を求めたりするのは如何なものか。主旨を理解して楽しく遊びましょう。
      • ただし、墓地のカードを手札に戻すのは、誘発型能力の解決時でなくてはならない。これはさすがにきちんと守らないとマジックのゲームにならないので守りましょう。

[編集] その他

  • 能力語がルールで定義されたのは神河救済の時であり、アンヒンジド当時にはまだ存在しない概念だったため、それまでは「キーワード能力もどき(Pseudo-keywords)」として扱われていた。
  • "Gotcha"とは"(I've) got you"の略。辞書によると、意味は「(発言に対して)わかった!」「つかまえた!」「(からかいなどに引っかかった相手に対して)やった!」「(イタズラなどを見つけて)みーちゃった、みーちゃった」など。
    • "Gotcha"という単語そのものは、実は「ゴチ」とは発音しない。正しい発音をカタカナで書くと「ガッチャ!」か「ガッチョ!」になるだろうか。
      • 実際、和訳が公表されていなかった発売当初は雑誌等では「ガッチャ!」と呼ばれていた。日本語スラングで「ご馳走さま」転じての「ゴチ」という言葉は使われるので、うまく充てた翻訳と見るべきか。
  • ちなみに、Burnoutフレイバー・テキストも"GOTCHA!”である。
  • 「ゴチ!」を防ぐための最も有効な方法は「何もしゃべらない、余計な行動は何もしない」となる。Stop Thatのような不快な行動を戒めるようなものはまだしも、マジックでよく使う単語を発することが「ゴチ!」の条件となっていたり、Laughing Hyenaのような笑うことが「ゴチ!」の条件であるカードも存在することから、ゲームを楽しみたいときにとる行動が軒並み封じられてしまうとされ、後に「失敗メカニズムの一つ」と評されることになってしまった。(参考/翻訳
  • 期間限定で銀枠のカードも使用できる統率者戦では、「適正なプレイを行っていても楽しくもない」の理由から、ゴチに関するカードは使用非推奨カードが指定された。

[編集] 参考

QR Code.gif