緑単トロン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

緑単トロン(Mono-Green Urzatron)は、ウルザトロンの亜種で、コントロール要素を抑え、最速で歯と爪/Tooth and Nailを撃つことを目標としたコンボよりのデッキ


Urza's Tower / ウルザの塔
土地 — (Urza’s) 塔(Tower)

(T):(◇)を加える。あなたがウルザの(Urza's)・鉱山(Mine)とウルザの・魔力炉(Power-Plant)をコントロールしているなら、代わりに(◇)(◇)(◇)を加える。



Sensei's Divining Top / 師範の占い独楽 (1)
アーティファクト

(1):あなたのライブラリーのカードを上から3枚見る。その後それらを望む順番で戻す。
(T):カードを1枚引き、その後師範の占い独楽をオーナーのライブラリーの一番上に置く。



Tooth and Nail / 歯と爪 (5)(緑)(緑)
ソーサリー

以下から1つを選ぶ。
・あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを最大2枚まで探し、それらを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。
・あなたの手札からクリーチャー・カードを最大2枚まで戦場に出す。
双呪(2)(あなたが双呪コストを支払った場合、両方を選ぶ。)


ミラディン・ブロック土地サーチ呪文に加え、神河物語で登場した師範の占い独楽/Sensei's Divining Topを併用することで従来のウルザトロンより素早くウルザランドを揃え、歯と爪にたどり着ける。爆発力が高いためコントロール要素はそれほど必要なくなり、親和対策のアーティファクト破壊忘却石/Oblivion Stoneなど最小限に抑えられている。

色マナが不安定というウルザトロンの弱点を克服したデッキとして活躍したが、基本的にノーガードのため対策を徹底されると厳しい。第9版でのペインランド再録によりウルザトロンの色マナの安定性が高まると、単色で組む必要性が薄れ、元祖のウルザトロンに戻っていった。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー(16) 4 トロールの苦行者/Troll Ascetic
3 ぶどう棚/Vine Trellis 1 すき込み/Plow Under
4 桜族の長老/Sakura-Tribe Elder 3 忍び寄るカビ/Creeping Mold
3 永遠の証人/Eternal Witness 3 素拳の岩守/Iwamori of the Open Fist
2 ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman 2 腐食ナメクジ/Molder Slug
1 隔離するタイタン/Sundering Titan 1 忘却石/Oblivion Stone
1 トリスケリオン/Triskelion 1 ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman
1 鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker
1 メフィドロスの吸血鬼/Mephidross Vampire
呪文(23)
4 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
4 歯と爪/Tooth and Nail
4 森の占術/Sylvan Scrying
4 刈り取りと種まき/Reap and Sow
2 金属モックス/Chrome Mox
2 忘却石/Oblivion Stone
3 すき込み/Plow Under
土地(21)
4 ウルザの塔/Urza's Tower
4 ウルザの鉱山/Urza's Mine
4 ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant
7 森/Forest
1 先祖の院、翁神社/Okina, Temple to the Grandfathers
1 すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All

[編集] 参考

QR Code.gif