古きものの活性/Ancient Stirrings

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ancient Stirrings / 古きものの活性 (緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーの一番上から5枚のカードを見る。あなたはその中から無色のカードを1枚公開し、それをあなたの手札に加えてもよい。その後、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。(マナ・コストに色マナがないカードは無色である。土地もまた無色である。)


自然との融和/Commune with Natureの亜種。クリーチャーカードではなく無色のカードを手札に加えられるようになった。

アーティファクトエルドラージなどを多用するデッキならば、ちょっとしたサーチになる。5枚めくれば最低でも土地くらいは見つかるはずなので無駄になることは少ないだろう。

スタンダードではあまり活躍できなかったが、モダンではウルザトロンウルザランドフィニッシャーを高速で集めるために使われているほか、Amulet Comboでもサーチ手段として採用されることがある。Pauperでも同様に8postウルザトロンで採用される。

  • 安全かつ確実に探したい土地があるなら森の占術/Sylvan Scrying、アーティファクトの場合は色が違うものの加工/Fabricateがお勧め。
  • 根囲い/Mulchとの比較は面白い。こちらの方が1マナ軽く掘れる枚数や手札に加えられるカードの種類は多いが、根囲いは手札が増える可能性があり墓地肥やしもできる。マナ域が違う分、デッキによっては共存も可能だろう。

[編集] 参考

QR Code.gif