彩色の宝球/Chromatic Sphere

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chromatic Sphere / 彩色の宝球 (1)
アーティファクト

(1),(T),彩色の宝球を生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ1点を加える。カードを1枚引く。


逆刺の六分儀/Barbed Sextantの修正版であるキャントリップ付きマナフィルターアーティファクト

単体で何かをするカードではないが、1ターン目に出しておけば序盤の色マナの安定に貢献し、キャントリップがあるために無駄になることもない。使い勝手の良さから様々なデッキで使われ、特に親和ストームに貢献できることを評価されて、電結親和デザイアなどでよく採用される。

後にはオデッセイテラリオン/Terrarionといった後輩が登場している。時のらせんではルール事情に合わせた最新版・彩色の星/Chromatic Starが登場した。

モダンにおいてはライブラリーを掘り進めつつ色マナの安定供給に貢献するカードとして緑赤トロンに採用されている。

[編集] ルール

  • この能力マナ能力であり、カードを引くこともその一部として、スタックを用いずに起動と同時にカードを引く。
    • そのため、呪文唱えたり能力を起動したりしている間に彩色の宝球のマナ能力を起動した場合、その呪文を唱えたり能力が起動されている間にカードを引くことになる。
    • 2005年2月のルール変更により、他の呪文が唱えられていたり能力が起動されていたりする間にカードを引く場合、唱えることや起動することが完了するまで引いたカードは裏向きである(CR:401.5)。
    • これの後継であるテラリオンや彩色の星では、ドロー能力は墓地に置かれたときの誘発型能力として分離されている。
  • これを生け贄に捧げつつ親和呪文を唱える場合、コストの変化でもめることがある。使用するタイミングで結果が違うので、はっきりと宣言しておく必要がある。
    • たとえば彩色の宝球を含めてアーティファクトを4つコントロールしているときに物読み/Thoughtcastを唱えることを考える。物読みを唱える前に彩色の宝球の能力を起動する場合、この時点で戦場にあるアーティファクトは3つになっているため、物読みを唱えるためのコストは「3」減少する。一方、物読みを唱えている間に彩色の宝球の能力を起動する場合、呪文の総コストが決定した後でマナ能力を起動するため(唱えるを参照のこと)、物読みを唱えるためのコストは「4」減少する。

[編集] 参考

QR Code.gif