鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kiki-Jiki, Mirror Breaker / 鏡割りのキキジキ (2)(赤)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — ゴブリン(Goblin) シャーマン(Shaman)

速攻
(T):あなたがコントロールする、伝説でないクリーチャー1体を対象とする。それのコピーであるトークンを1体生成する。そのトークンは速攻を持つ。次の終了ステップの開始時に、それを生け贄に捧げる。

2/2

一時的にクリーチャーコピートークンを作り出す伝説のクリーチャー

当時は、パーマネントのコピー能力の領域で、カードとしては珍しい能力だった。このコピートークンの寿命は歩く火力的であり、そう見れば赤らしいと言えば赤らしい。

キキジキ自身がクリーチャーであり、さらにタップだけで起動できるうえに速攻ですぐに能力を使えるため、専用に特化したデッキではかなり使いやすい。特にコンボで利用したものが幅広い環境で活躍している(#主な活用方法の欄参照)。

また、永遠の証人/Eternal Witnessなどの187クリーチャーや、桜族の長老/Sakura-Tribe Elderなどの自身を生け贄に捧げることで能力を起動できるクリーチャーとの相性のよさを買われて、フレッシュメーカーなどの赤緑コントロールに採用されたこともある。

[編集] ルール

[編集] 主な活用方法

[編集] 参考

QR Code.gif