絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ulamog, the Ceaseless Hunger / 絶え間ない飢餓、ウラモグ (10)
伝説のクリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)

あなたがこの呪文を唱えたとき、パーマネント2つを対象とし、それらを追放する。
破壊不能
絶え間ない飢餓、ウラモグが攻撃するたび、防御プレイヤーは自分のライブラリーの一番上から20枚のカードを追放する。

10/10

戦乱のゼンディカーで再登場したウラモグ/Ulamog唱えた時に存在の一掃/Scour from Existence2発分が誘発し、さらに攻撃時にはライブラリーを一気に20枚も追放する。

対戦相手の厄介なパーマネントを潰しつつ、追放除去打ち消しで対処されても3対1交換が取れるため非常に強力。コストも相応に重いため普通のデッキではまず採用できず、専用のデッキ構築が必要となるが、ランプフィニッシャーとして最適な性能と言える。

過去の伝説のエルドラージ/Eldraziと違って、墓地からライブラリー戻る能力は持たないため、リアニメイトはかなりしやすくなっている。パーマネント除去能力は無視することになるので、ETB能力持ちの方が使いやすいが、10/10のサイズ破壊不能ライブラリー破壊と決定力は高いため、選択肢にはなるかもしれない。

無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyreと比較すると、マナ・コストは1マナ軽くなり、唱えた時の誘発型能力もこちらの方が強力。攻撃時の誘発型能力は滅殺4の方が盤面の優位を保つには向いているが、攻撃が通らない状況でもライブラリーアウトという別の勝ち筋を見出せることからこちらも悪くない。

各種フォーマットにおいて、マナ加速に特化したデッキで採用されている。スタンダードではエルドラージ・ランプのフィニッシャーを務める。重い上に伝説にも関わらず、4枚フル投入されることが多い。また、約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End禁止された後の霊気池の驚異にも採用される。モダンではウルザトロンエルドラージ・トロンレガシーでは12postでしばしば採用される。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

始祖エルドラージ/Eldraziの1体。詳細はウラモグ/Ulamogを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif