ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wurmcoil Engine / ワームとぐろエンジン (6)
アーティファクト クリーチャー — ワーム(Wurm)

接死、絆魂
ワームとぐろエンジンが死亡したとき、接死を持つ無色の3/3のワーム(Wurm)・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体と、絆魂を持つ無色の3/3のワーム・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。

6/6

6マナ6/6の上接死絆魂を持っており、さらに死亡した時も2体のトークンに分裂する。凄まじいコスト・パフォーマンスを誇るアーティファクト・クリーチャー

接死でにも一度しか止められず、絆魂でライフ・アドバンテージを得ることができ、除去されてもアドバンテージを失わないばかりか、容易に1対多交換でアドバンテージを得ることができる。使われる側としては6/6の接死と絆魂持ちは無視できないので除去したくなるが、破壊するとそれぞれ接死持ちと絆魂持ちの3/3クリーチャー2体に分裂するので、追放するか、タップして動きを封じるなどの対処が必要になる。存在の破棄/Revoke Existence転倒の磁石/Tumble Magnetなどがよい対策カードだろう。

絆魂によるビートダウン耐性と分裂能力による除去耐性、さらにデッキカラーを問わずに使えるという利点から、主にコントロールデッキを中心に幅広いデッキフィニッシャーとして採用される。ウギンの目/Eye of Ugin宝物の魔道士/Treasure Mageサーチされることもある。

現在はエターナルにおける茶単、特にMUDで活躍している。稲妻のすね当て/Lightning Greavesの存在により、エターナルにおける定番除去であり、このカードの弱点である追放除去の剣を鍬に/Swords to Plowsharesに耐性を持つ事が可能となり、上記の能力により戦闘力、除去耐性共に非常に高いため採用率は高い。古えの墳墓/Ancient Tombによって受けるダメージを絆魂により緩和出来る点も見逃せない。モダンにおいてはウルザトロンの切り札の一つ。

リミテッドでも極めて強力で、出たら絶対にピックすべき。

[編集] 参考

QR Code.gif