消灯/Curfew

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Curfew / 消灯 (青)
インスタント

各プレイヤーは、自分がコントロールするクリーチャーを1体、オーナーの手札に戻す。


ちょっと変わったバウンス。どのクリーチャー戻すのか、各プレイヤーが1体ずつ自分で選ぶ。

クリーチャーもプレイヤー対象にとらないため、プロテクション被覆などに強い反面、必ずしも狙ったクリーチャーをバウンスできるとは限らないという不安定さもある。この点、送還/Unsummonの亜種というより布告系のカード(特に近いのは後に登場した無垢の血/Innocent Blood)と思えばわかりやすいだろう。しかし無垢の血と違ってバウンスであるため確実性が薄く、使用状況をかなり選ぶため、扱いやすいとは言いがたい。

また自分のクリーチャーも戻ってしまうのも問題だが、こちらに関しては、対戦相手除去などに対応して使うことで立ち消えさせるプレイングに利用したり、187クリーチャーブラストダーム/Blastodermのような「戻したいカード」と組み合わせたりできるし、あるいは自分がクリーチャーをコントロールしていなければまったく無視できる。

そもそも送還が同じ1マナで使えることもあり、スタンダードなどではほとんど日の目を見ることがなかったカード。それこそ相手に187クリーチャーがいれば腐るしかないし、コンバット・トリックにもあまり向いていないため、リミテッドでもイマイチ。

しかし時代が流れた現代のPauperでは、感染デッキ緑白呪禁と言った、少数精鋭を呪禁などで守って攻撃する系統のデッキに非常に有効であることからそこそこの頻度で見かけるカードである。サイドボードに用意してある場合もあれば、メインデッキから少数挿している例も見られる。

[編集] 参考

QR Code.gif