時のらせん/Time Spiral

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Time Spiral / 時のらせん (4)(青)(青)
ソーサリー

時のらせんを追放する。各プレイヤーは、自分の墓地と手札を自分のライブラリーに加えて切り直し、その後カードを7枚引く。あなたは土地を最大6つまでアンタップする。


Timetwisterの亜種。ウルザ・ブロックフリースペルの中でも最強の1枚と言われる。

Timetwisterと比較すると、連続使用ができないように解決後は墓地に置かれずに追放されるようになり、フリースペルであるがマナ・コストは2倍の6マナと非常に重くなっている。

しかしウルザズ・サーガの同期にはトレイリアのアカデミー/Tolarian Academyがあるため6マナでも楽に支払うことができた上に、フリースペルによって後続の呪文唱えることが容易となり、類稀なパワーカードであることが露呈した。そもそも手札が増える恩恵を最大限発揮できるのは次のターンから、というのがTimetwisterの最大の欠点であったことを考えると、その弱点を克服しているこのカードは十分調整の余地があったといえるだろう。

トレイリアのアカデミーが禁止になった後も、ドリーム・ホール/Dream Hallsによるマナ・コスト無視(→ドリームホールモマ)や、エクステンデッドでのHigh Tideによるマナ倍加(→ハイタイド)などで猛威を振るい続けた。一時期すべての構築環境で禁止となるが、エターナルでの解禁後は再びハイタイドで活躍を見せている。

  • 特にウルザ・ブロック期には「元祖であるTimetwisterよりも強力」と評されることもあったカード。(→Card of the Day 2004/01/19邦訳)参照)。とはいえ、実際の使いやすさはやはりマナ・コストが半分の元祖に軍配があがるか。

1999年4月1日から、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードスタンダードウルザ・ブロック構築タイプ1.5禁止カードに指定される。同年7月1日より、エクステンデッドでも禁止カードに指定される。2004年9月20日よりタイプ1.5から移行したレガシーでも禁止。その後、ヴィンテージでは2008年9月20日より制限が解除された。2011年1月1日からレガシーでも解禁。

[編集] 参考

QR Code.gif