土地税/Land Tax

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Land Tax / 土地税 (白)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、対戦相手1人があなたより多くの土地をコントロールしている場合、あなたは「あなたのライブラリーから基本土地カードを最大3枚まで探し、それらを公開し、あなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。


黎明期の超強力アドバンテージエンチャント。条件はあるが、毎ターン3枚も基本土地サーチして手札に加えることができる。

対戦相手のほうが土地が多い」という条件は限定的なように見えて実はまったく苦にならない。後攻ならば放っておいても勝手に満たすし、先攻であっても1回プレイしないターンを作れば同様。あるいはZuran Orb生け贄に捧げてしまって無理やり数を減らすなどすれば確実に満たす。あとは増えた手札変化の風/Winds of ChangeBazaar of Baghdadで有効札にすり替えるもよし、大地の刃/Land's Edge起動コストに充てるもよし(タックスエッジ)。

コンボパーツとしてだけでなく、普通にマナスクリュー対策としても強力。土地破壊に有効の上に、手札を水増しさせることで手札破壊にも耐性ができる。ハルマゲドン/Armageddon後のリカバーに使うのも非常にいやらしい。基本土地しかサーチできないものの3枚もサーチできるので、多色の補助も十分可能。

とかく強力なカードではあるが、基本土地しかサーチできないのは欠点ではある。黎明期はともかく、昨今は強力な基本でない土地が増え、特に多色デッキでは基本土地はほんの数枚しか投入しないというケースもままあるため、真価を発揮しにくくなっている。

1996年7月1日より、スタンダード制限カードタイプ1.5禁止カードに指定され、1997年1月1日より、スタンダードでは制限カードの廃止に伴い禁止カードに指定され、タイプ1.5では禁止解除される。1998年7月1日より、エクステンデッドで禁止カードに指定される。2004年9月20日より、タイプ1.5からの移行に伴ってレガシーで禁止カードに指定されたが、2012年6月29日より禁止解除。

[編集] 関連カード

他のプレイヤーより少ない数の土地をコントロールしている場合に土地を探すのカード。

[編集] 参考

QR Code.gif